WWO-Woman Welleness Online-

今日はナチュラルな「オーガニックワイン」でくつろぎ時間を楽しもう

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

健康に気をつかう女性にとってオーガニック製品は必需品ですが、それはお酒だって同じこと。オーガニックワインを好んで飲んでいる女性も多いかもしれません。しかし、オーガニックワインは、いったい普通のワインと具体的に何が違うのかご存知ですか?

そこで今回は、イタリア在住の筆者が、日本にもたくさん輸入されているヨーロッパのオーガニックワインの魅力についてご紹介します。

 

■普通のワインとどう違うの?オーガニックワイン

2012年に定められたイタリア、フランスをはじめとするヨーロッパの国々での規定では、オーガニックワインには“有機栽培のブドウを使うこと”が原則です。農薬や化学肥料を使わずに、土が持つ本来の力を利用する有機栽培。私たちの健康だけではなく、地球環境にも優しいワインといえますね。

添加物は保存料として必要な自然の二酸化硫黄のみ使うことができますが、日本の普通のワインに比べるとわずか4分の1程度の量です。また、昔からの自然な方法で醸造することが決められています。

ヨーロッパのオーガニックワインには、基準を満たしていることを示す“オーガニック認定マーク”が付いているので買うときは確認しましょう。

 

■肝心の味は?

ワインのおいしさは、ブドウの品種、栽培場所、栽培した年の天候、発酵の技術……など、いろんな要素によって決まります。残念ながら、“オーガニックだから普通のワインよりおいしい”とは一概にはいえないのです。

ただ、有機栽培の野菜や果物がおいしいように、オーガニックワインの原料であるブドウには、自然のエネルギーのおいしさがたっぷり詰まっています。

そして、添加物が入らないので、頭痛が起きたりや悪酔いをすることがなく飲めると好評です。オーガニックならではのすっきりした喉ごしも魅力の1つですね。

 

■大人の女性がたしなむなら「グラス1杯」のオーガニックワイン
20160317KOKO52-20160318033510-e1458626178907

最近では普通のワインでも体にいいという評価が定着していますね。とはいえ、ワインは原料のブドウを洗わないので、残留農薬が入っていないオーガニックワインの方がより体にいいといえるかもしれません。

しかし、いくら健康によくても“飲み過ぎ”は禁物です。イタリアでは、昔からグラス1杯のワインは体にいいといわれています。1杯では飲み足りない気もしますが、食事中に料理や会話を楽しむには1杯が適量です。

大人の女性なら、量よりも質を大切に1杯の高品質なオーガニックワインを楽しみましょう。

 

健康のことを考えるなら、やっぱり普通のワインよりオーガニックワインが魅力的。次は、オーガニックワインを選んでみませんか?

【著者略歴】

KOKO ・・・ 大学時代に訪れたローマでイタリア料理の魅力にふれ、イタリア留学。現在は子育てを中心に観光業、翻訳業、そしてイタリアのカルチャー、ライフスタイルについても情報発信中。

【画像】

※ Evgeny Karandaev / shutterstock

【関連記事】

※ 徹底比較!赤ワインVS白ワイン「女性が飲むべき」なのはどっち?

※ ヨーロッパ発♡食べ過ぎ、安眠…「症状別に飲みたいハーブティー」3選

※ 1日続く若さをつくる!「最強うるハリ肌」になれる方法って [PR]

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ トマトとアレも!? お酒の席で定番だけど実は「NG食べ合わせ」3パターン