Woman.excite

あの名作のキスシーンにキュン! 王道の恋愛ドラマでときめきをチャージしよう

名作といわれる恋愛ドラマには、女性の胸をときめかせるキスシーンがつきもの。ベタといわれようが、やっぱりドキドキとしてしまいますよね。

© fesenko – Fotolia.com

そんなステキなキスシーンを堪能できる恋愛ドラマを、ドラマ好きの筆者が紹介します。

■『ロングバケーション』の自然なキス
木村拓哉さんの人気を不動にし、社会現象にもなった名作。木村さん演じる瀬名が、ひょんなことから年上女性の南(山口智子さん)と同居することから物語がはじまります。

同居人から友だち、そして恋へと発展し、ラストには熱いキスシーンが! これもキュンとくるのですが、筆者のおすすめは堤防でのキスです。

好きな人に振られた瀬名が堤防に座り、ふと「キスしよっか」と南にいうと、「いいよ」という返事が。そして2人ははじめて口づけをかわすのです。まだ恋人ではないけれど、お互いに心を許している様子がうかがえます。自然体の演技もたまりません。

また、作中では南のアラサー女子ならではの葛藤が見られます。約20年前の作品ですが、思わず感情移入してしまうはず。

■『花より男子』のセレブなキス
セレブが集う高校に入学した庶民の牧野つくし(井上真央さん)と、学園一のセレブ・道明寺司(松本潤さん)が結ばれるラブストーリー。お互いに反発しながらも、次第にひかれあっていくのは学園ドラマの定番ですね。

結婚式でのキスシーンなど、作中には何度かふたりがくちびるを重ねるシーンが登場しますが、なんといっても空港でのキスシーンは格別! 

アメリカに旅立つ司を追って空港へ向かったつくし。その姿を見た司は飛行機を降りて「お前、俺に惚れてんだろ?」と俺さま男子っぷりを発揮。そして夕陽をバックにキスするふたりのシルエットが…。庶民には体験できないシチュエーションだからこそ、あこがれてしまいます。

■『高校教師』の甘酸っぱいキス
女子高生と教師の禁断の愛を描いた作品。2003年には上戸彩さんと藤木直人さんによってリメイクされましたが、筆者がおすすめしたいのは、桜井幸子さんと真田広之さんによる1993年版です。

先生との恋というテーマだけでもドキドキするのですが、ふたりが愛をはぐくむシーンにもキュンとせずにはいられません。とくに「壁越しのキス」は必見! 壁にうつった先生のシルエットにくちびるをそっと重ねあわせ…。甘酸っぱい青春がよみがえります。

■『5→9 ~私に恋したお坊さん~』の熱いキス
懐かしい作品が続いたところで、昨年の冬ドラマをご紹介。英会話講師・桜庭潤子を演じる石原さとみさんにひとめぼれした僧侶・星川高嶺を山下智久さんが演じています。暴走気味の高嶺に振りまわされながらも、次第にひかれあっていく王道のラブコメディです。

高嶺がキスを迫るシーンはたびたび登場しますが、潤子にかわされたりして「おあずけ」状態。ラストシーンでも雪に邪魔されてしまいますが、ついにロングキスをかわすのです。じらしたあげくに熱い口づけ…。ハッピーエンドに胸の高鳴りが止まりません!

どれも高視聴率を獲得した作品なので、すでに見たことがある人も多いことでしょう。でも、何度見てもキュンキュンするのはもちろん、当時の思い出がよみがえることも。

お気に入りの恋愛ドラマを見ることで、恋する気持ちを取りもどすことができます。ときめきをチャージしたいときにもおススメです。

(藤井蒼 OFFICE-SANGA)