WWO-Woman Welleness Online-

プロが教える!毎朝するべき「花粉撃退」メイク術3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

春先に猛威を振るうのが“スギ”や“ヒノキ”などの花粉。目や鼻だけではなく、肌への刺激にもなっています。

“肌の花粉症”のせいで、せっかくのメイクが台無しになっていませんか?

そこで今回は、メイクアップアーティストの筆者が、少しでも花粉症状をやわらげるべく“毎朝できる”肌対策をご紹介します。

 

■1:肌を守るのは「しっかり保湿」

花粉は、目のかゆみや鼻水だけではなく、肌に付着することで肌荒れを起こすこともあります。赤みを伴うかゆみやかぶれなど症状は様々です。

また、肌のバリア機能が低下し、とても敏感な状態になっています。しっかりと保湿して、敏感になりがちな肌を保護し肌のバリア機能低下に歯止めをかけましょう。

 

■2:クレンジングしやすい「ミネラルコスメ」を

花粉の飛散時期には“ミネラルコスメ”がオススメ! 肌が敏感になりやすいこの時期はクレンジングも肌への大きな負担になってしまうため、刺激の強いメイク落としは肌状態を悪化させてしまうことも……。

その点、ミネラルコスメは洗顔料で落とせるものもあり、普通のメイク落としに比べると肌への負担が軽減できます。

 

■3:パウダーアイテムで「さらり肌」をキープ

花粉が付着しやすくなってしまうため、肌表面をサラサラにキープしましょう。パウダーファンデーションやフェイスパウダーなどのパウダーアイテムを使用して、サラサラな肌をキープするよう心がけましょう。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどの油分の多いファンデーションを使用する場合も、その上からしっかりとパウダーで押さえるのがマストです。

外出時は、肌に付着した花粉をはらうことができる携帯用のメイクブラシがあると便利でしょう。

 

少し手間に感じてしまうかもしれませんが、肌が荒れることを考えたら対策を惜しんでいる場合ではありませんよ! 

既に、春花粉はピークを迎えています。今すぐにでも取り入れて、肌をいたわりましょう。

【著者略歴】

※ 黒木絵里 ・・・ 外資系化粧品メーカー2社、某大手ヘアサロンのメイクセクション統括を経験後、独立。Eri Kuroki Make-up solution代表となり、育成やマニュアル監修、大手企業のセミナーのほか美容ライターとしても活動中。

【画像】

※ Rade Kovac / Shutterstock

【関連記事】

※ 1日続く若さをつくる!「最強うるハリ肌」になれる方法って [PR]

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ 本当は教えたくない!プロ級の仕上がりになる「ツヤ肌クッションファンデ」3選

※ プロが伝授!「夜まで美人をキープする」ベースメイク術♡

※ プロが断言!どんどん「ブサ肌」になる春のNGスキンケア3つ