WWO-Woman Welleness Online-

アナタはどちらを選択する?あえて「出世を望まない」4つの理由

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

最近は“出世しない生き方”をテーマにした本が注目されるなど、“何を大切に生きるか”が問われる時代になってきましたね。あえて出世を望まず、人生に“独自の幸せ”を見出そうとする夫婦も増えてきています。

とはいえ、やはり一般的には夫の出世を望む妻が多いもの。経済が豊かになれば、リッチな家や車、子どもの教育も思いのままだからでしょう。

そこで今回は、女のしあわせ研究家の筆者が、出世競争から一歩外に出て自分たちの道を歩むことを選んでいる理由を4つご紹介します。

 

■1:家族のふれあいを大切に生きたい

出世のためには、残業はもちろん休日もいとわず仕事をしなければなりません。そうなれば夫婦の会話は減り、すれ違いが起こるでしょう。

家族の時間を犠牲にしてまで経済的に豊かになるより、家庭のふれあいを優先し日常に愛が感じられることを大切にする夫婦もいます。

 

■2:「人間らしいコト」に豊かさを求める

世間が認める成功より、自分たちらしく生きることに価値を感じる夫婦が増えています。

都心の高級マンションや一流レストランではなく、自然の中で半農生活をするといった“本来の人間らしさ”を追求することこそが豊かさであると考えている人もいます。

やはり、どんな暮らしに幸せを感じるかは人それぞれです。

 

■3:独立して「好き」を仕事にしたい

企業で出世をしようと思えば、時に好きなコトでもあきらめなければならないでしょう。「それならば」と、独立し好きなことを仕事にしようとする夫婦もいます。

例えば、カフェやショップを開くなど自分の世界観を表現することで、自己実現性の高い人生を歩みたいと考える人もいるのです。

 

■4:ストレスに耐えるより「健康的」に生きたい

出世には競争がつきもの。イヤな上司にも気に入られなければならないかもしれません。

そのため、ストレスで心身に不調をきたす人もいます。「そんなことより健康的に生きたい」と、違う道を選ぶ夫婦もいるでしょう。

 

筆者も、夫婦で独自の生き方を選択している1人です。自己責任ですが、自分を偽ることなく生きていられるのはたしかです。

多くの人が憧れる“出世”には、メリットしかないように見えて実はデメリットもあります。あとから「こんなはずじゃなかった」とならないよう、一度は夫婦で話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

【著者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Capricorn Studio / shutterstock

【関連記事】

※ やってるかも…結婚出来ない女性が「無意識」にしているコト3つ

※ 趣味は妻!? 夫が「溺愛してしまう」オンナの共通点4つ

※ 1日続く若さをつくる!「最強うるハリ肌」になれる方法って [PR]

※ カレやご主人はどう?「出世している男性」の3つの共通点

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]