WWO-Woman Welleness Online-

押すだけ!鍼灸師が教える「ツライ花粉症」に効くツボ5つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

花粉の飛散最高潮のこの季節、花粉症をお持ちの方にはツライ毎日でしょう。

病院でもらった薬を服用、漢方薬を服用、舌下免疫療法などの最新の方法など、対処法はさまざまありますが、自分でできて少しでも楽になりたい方にオススメなのがツボ療法。

花粉症が完治するのは難しいかもしれませんが、少しでも症状をやわらげたい人にはとってもオススメです。

そこで今回は、鍼灸師の筆者が、花粉症に効くツボをご紹介します。

 

■1:鼻の通りを良くする ~迎香(げいこう)~

迎香

小鼻の横にあるツボです。押すとズンと響きます。ここは“香りを迎える”と書いて嗅ぐという意味です。薬指で優しく押すと鼻の通りがぐんと良くなりますよ。

 

■2:鼻水が止まる!? ~孔最(こうさい)~

孔最

風邪や熱があるときも使われるツボです。ここは肺経のツボなので、喘息や嗄声などにも効果を発揮します。

 

■3:えっ、ここ?鼻孔に通じるつツボ ~厲兌(れいだ)~

厲兌

足の人差し指(第2趾)の外側で、爪の生え際の角にあるツボです。押すと圧痛が感じられます。

 

■4:頭痛、目の充血、のどの痛みにはココ ~合谷(ごうこく)~

合谷

親指と人差し指の間の付け根部分。押すと圧痛があります。ちょっと疲れているときにも効果を発揮する万能ツボでもありますが、特に花粉症による目の充血にはよく効きます。

 

■5:頭がズーンと重いとき ~天柱、風池(てんちゅう、ふうち)~

天柱、風池

首の後ろの外側のくぼみ。髪の生え際にありますので触ってみてください。圧痛を感じられるはず。こちらは頭重感にはテッパンのツボです。目の疲れにも効果的ですのでお試しください。

 

いかがでしたか? もちろん、症状がひどいときはツボ療法だけに頼らず、かかりつけの病院に行って診察を受けることが大切です。

とはいえ、カラダ全体のバランスを整えて症状を改善するには、ツボ療法は効果が期待できます。自己免疫力を高め、治癒力を上げていきましょう。ツボ押しで、この季節を少しでも快適に過ごしましょう。

【著者略歴】

小西みわ・・・ 鍼灸師、よもぎ蒸しダイエットアドバイザー。女性専門サロン『美和鍼灸治療院』代表。東洋医学と美容を融合させた全身美容鍼灸が得意で、オーダーメイド施術を行う。せんねん灸セルフケアサポーター。ブログも好評。

【画像】

※ fotohunter / Shutterstock

【関連記事】

※ 無理してない?プロが教える「疲れを溜めないツボ」3選

※ 「ダル重むくみ足」がスーッと細く!簡単美脚ケア術5つ

※ えっ、ヨーグルトじゃダメ!? 「ツラすぎる花粉症に効く」意外な食べ物3つ

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]