WWO-Woman Welleness Online-

2ステップで見違える!「たるみヒップ」を引き上げる簡単ストレッチ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

お尻は放っておくと年齢に関係なく垂れ下がります。前から見たらケアがバッチリの女性でも、後ろ姿を見てガッカリなんてことにはなりたくありませんよね。

あなたのお尻は大丈夫ですか?

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、2ステップでつくる美尻エクササイズをご紹介します。

 

■お尻が垂れる理由は「体の後ろ側」を意識していないから

立つ、座る、動くといった日常の動きや健康・美容のケアをする時、体の前側ばかり気をつかって“後ろ側”のことを忘れていませんか?

しかし、立つときに背中やお尻、ふくらはぎなどが体を支えているように、後ろ側の筋力は重要です。

なかでも、お尻は腰を支える重要な役割をはたしています。引き上がった若々しいヒップラインは、体を支える要でもあるのです。

美しさはもちろんのこと、健康のためにも“怠けお尻”はNGなのです。

 

■ヒップアップには「上と下」の2ステップが必要

 

ヒップアップのために鍛える部分はお尻の下部分ではないでしょうか? もちろん下部を鍛えるのは大切ですが、実はそれでは不十分なのです。

腰からお尻にかけてなだらかなカーブができるお尻の上部も鍛えましょう。この部分の筋肉が緩んでしまうと、お尻を全体的に引き上げることができません。

 

■ステップ1:お尻の上部を引き上げるエクササイズ

(1)壁に片手をついてまっすぐに立ちます。右足を軸足にして、左足を持ち上げましょう。この時、お尻の力で足を引き上げるように意識します。

ストレッチ

ストレッチを効かせるのは、左手を置いている腰からお尻にかけてのなだらかなカーブが始まる部分です。

 

(2)お腹を正面に向けたまま、左足を外側へ開いていきます。腰がフラつかないように注意してください。

マナヨガ3

(3)持ち上げた左足をそのまま後方へ蹴るようにして投げ出します。その足を下ろさずに、(1)の状態へ戻ります。左右20回ずつ行いましょう。

マナヨガ4

左手が触れているお尻の上方の筋肉が、足を動かす時に盛り上がって動いているか意識しましょう。これが大事なポイントです!

 

■ステップ2:お尻の下部を引き上げる「セーツバンダサルワンガ・アーサナ」

(1)仰向けに寝て、ひざを立てます。出来るだけお尻とかかとを引き寄せましょう。

マナヨガ6(2)息を吸うタイミングでお尻と背中を持ち上げます。出来るだけのどとアゴが近くなるように背中も持ち上げ5呼吸キープしましょう。この時、ひざの幅をウエスト幅に保ってお尻を引き上げましょう。マナヨガ8

 

いかがでしたか? 目指したい美尻はこの2ステップでつくることができます。下側ばかりのエクササイズでは効果を感じられなかった方も、ぜひ試してみてくださいね。

【著者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ HTeam / shutterstock

【関連記事】

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ スキマ時間にサクッと!「二の腕のプヨ肉&肩コリ」撃退ストレッチ♡

※ 翌朝のスッキリ感が違う!「むっちり足に効く」2ステップのむくみケア

※ ガチガチお尻をプリッと!腰痛に効く「予防&改善」ストレッチ