Woman.excite

祝・北海道新幹線開業! ノスタルジックな町・函館で訪れたいレトロカフェ&バル

3月26日の北海道新幹線開業で注目を集めている函館。古くからの港町で外国との交流も多くあった函館には、風情のある昔の建物が多く残っています。

函館に行くなら訪れたい、お料理と一緒に建物も楽しめる雰囲気抜群のカフェとバルをご紹介します!

■茶房ひし伊
黒漆喰の外壁が目をひく建物は、もともとは質屋だったそう。入って右の部屋には古い着物やアクセサリーなどを販売するアンティークショップ、入って左には茶房があり、あんみつやパフェなど、飲み物と甘いものが楽しめます。

2階には靴を脱いであがるお座敷もあり、屋根裏部屋のような心地よさです。

ひし伊2

■TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON
国の重要文化財に指定されている白くて優雅な外観が特徴的。米穀店、漁業、回漕業を営み、一代で財を成した立川家の住宅です。ゆっくりと珈琲を飲むだけでも癒やされる空間ですが、ぜひお料理も食べてほしいところ。

函館にフランス料理を広めた立役者であるシェフが、自家農園でとれた野菜や自分で狩った鹿肉などで本格料理をふるまってくれます。

TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON

TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON

■La Concha
旧深谷米穀店を改築したのがこちら。函館市の歴史的建造物に指定されています。天井から生ハムがぶらさがる店内では、料理は函館の食材を生かした本格的なスペイン料理が味わえます。

スペイン本場と同様のバルカウンターがあるので、立ち飲みでちょっと一杯もOK。ひとり客でも気軽に楽しめます。

La Concha

La Concha

・祝! 北海道新幹線開通! 盛り上がる青森・函館の「青函エリア」にはこの1冊と一緒にでかけて。

地球の歩き方BOOKS 『青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~』(ダイヤモンド・ビッグ社)

建築、教会、喫茶店、スイーツ、バル、工芸品など、地元の人に愛されるおいしいもの、ときめくものを、クラフトや食に強いライターが紹介する青森・函館の紀行本。
詳しくはこちら

著者:江澤香織
判型:A5/ 本文:144ページ
定価:1300円+税
ISBN:978-4-478-04869-6

▼掲載店舗データ
・茶房ひし伊
函館市宝来町9-4
0138-27-3300

・TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON
函館市弁天町15-15
0138-22-0340

・La Concha
函館市末広町14-6
0138-27-2181