Woman.excite

結婚への近道!? アラサー女性に必要な逆プロポーズという選択肢

彼との付きあいも長くなり、関係も良好だけど、なかなかプロポーズしてくれないの。いつになったら結婚できるんだろう…。そんな不安を抱える30代の女性。

© shcurkovolo – Fotolia.com

30歳を過ぎると、恋愛に対して“白黒はっきり”した答えを求めたくなりますもんね。いっそのこと「このまま付きあってもプロポーズする気がないなら別れる!」と言ってやりたいところですが、実際は無理な話。

仕方なくプロポーズされるのを待っているけど、草食系が繁栄した現代、結婚する意志はあってもプロポーズする勇気がない男性が多いことも事実です。

つまり、逆プロポーズすれば、すんなり結婚できるパターンもあるわけです。その選択肢を見逃していませんか?

女性の社会進出が当たり前となり、自立した女性が多くなった現代の日本。逆プロポーズという文化も、遠い未来の話ではなくなっています。

ここはひとつ、大人の女性らしくグッと胸に刺さるひとことで、逆プロポーズを成功させましょう。

■男ゴコロに迫る! 逆プロポーズのセリフ5パターン
・「ずっと一緒にいたいから結婚しよう!」
自立した女性に相応しい、頼もしさを感じるプロポーズです。これなら鈍感な彼でも、「そうだね、結婚しようか」と素直になれます。攻めの一手ですが、それくらいの覚悟を見せれば彼も逃げられませんよね。

・「二人で幸せな家庭を築きませんか?」
諭すようにアプローチする逆プロポーズ。結婚してくださいとは言っていないけど、明らかに結婚したい意思が伝わる言葉。煮えきらない彼も、思わず「お願いします」と返事をしそうなプロポーズですよね。

・「あなたのお嫁さんにしてくれませんか?」
かわいらしいひとことに、彼の胸もキュンとすることまちがいなし。彼に誠意があるなら、まず断るなんて選択肢はないはず。逆に、「待たせてゴメン」と反省してしまうくらい愛おしくなるプロポーズの言葉ですよ。

・「私からプロポーズしてもいい?」
ドキッとしないわけがない、究極の質問パターン。私からプロポーズしてもいい? これって、「あなたと早く結婚したいんですけど」と言っているのと同じ。直球だけど彼の気持ちも確かめる、大人の色気を感じるプロポーズですね。

・「おばあちゃんになっても、隣にいるのはあなたがいい」
遠まわしな言い方ですが、彼の男心をくすぐるプロポーズ。鈍感な彼には適さない方法ですが、結婚したい気持ちは伝わるはず。照れくさくてダイレクトに伝えられないなら、変化球でプロポーズしてみるのもアリかもしれませんね。

大切なのはバリエーションを学ぶことではなく「結婚したい」という意思の伝え方です。30歳を過ぎて、そろそろ彼との関係を白黒はっきりさせたい女性は、逆プロポーズも視野に入れて決断する勇気を持つのもいいでしょう。

一方、「プロポーズされたい! 待つ」というのも、選択肢のひとつ。どちらが正解というものはないので、決めるのは自分自身です。

いざというときのために、頭の片隅に置いていてください。プロポーズは男だけのものではない。逆プロポーズという女の選択肢があることを。