Kirei Style(キレイスタイル)

春に向けて加えたい、マルチに活躍する器とその選び方

暖かい日が増え、花の開花ニュースも聞こえてくるように。まもなく、季節は春です。新しい生活がスタートしたり、出会いがあったりと、新鮮で晴れやかな気持ちになることが多い季節でもあります。

そこで、そんなフレッシュな折に新たに加えておきたいとその選び方をご紹介しましょう。テーブルが華やぐ「器選び」のコツは、うつわのオンラインショップ『 shirushi(しるし)』店主の樫原恵子さんに伺いました。

「色」と「形」の力で、手軽なお料理やお菓子も華やかに
同じお料理やちょっとしたお茶菓子でも、どんな器に盛るかで美味しそうな見た目や、食べるときの気分も大きく変わります。

自分だけの食事はもちろん、誰かを招く際にも食卓にきちんと選んだ器があると、その人なりのセンスが伝わりテーブルが華やぎます。その器の作家や産地などの特徴も会話に取り入れてみるのもよいかもしれません。

美しい色合いが特徴の器は、緑が鮮やかな春のお野菜などお料理とのコーディネートが楽しめます。色違い・形違いの小さな器に少しずつ副菜などを盛り付ければ、食卓が華やかに。

いにま陶房 作家・鈴木雄一郎さん
豆小皿 バナナ黄、ミニ鉢 ライトグリーン/シェンナ 各¥1,512(税込)
自然豊かな奈良県川上村のアトリエで作陶されている、鈴木雄一郎さんの器。

お客様の取り皿として使ったり、持ち寄りのお料理を盛り付けたりと、万能に使える豆小皿はいくつか持っていると便利です。

テーブルの真ん中に、ハムやチーズ、フルーツで「彩り」を
カッティングボードを器のように盛り付ければ、一気にお店のような雰囲気に早変わり。生ハムやチーズ、フルーツやパンなど、素材だけで楽しめる食材の盛り付けに向いています。

Arts Craft Japan カッティングボード 山桜 ¥4,104(税込)
雄大な山々に囲まれた飛騨高山にある工房、Arts Craft Japan。表面は、シミや汚れをつきにくくするため、高山で採れる搾りたてのエゴマ油で丁寧に仕上げられ、とても滑らかです。

カッティングボードなので、そのまま小さなナイフを添えてセルフカットするのにも便利。人を招いた際のおもてなしにも役立ちます。手の込んだものを用意しなくても、パッと盛り付けるだけで主役級の存在感です。

陶器の産地・岐阜県多治見エリアで作られる
土のぬくもりを感じさせる「美濃焼」の器

プレートごはんにしたり、メインディッシュを盛り付けたり、大人数のおもてなしの際の大皿にしたり。使いやすい万能サイズのお皿は、1~2枚あると便利です。

LIVING TALK hiiro プレートL ¥2,700(税込)

食べ物が美味しく見えるやさしい色合いを選べば、違う色でも組み合わせて使いやすく、重宝します。

「上質感」と「女性らしさ」を兼ね備えた器を
伝統的な伊賀焼のエッセンスに、ハンコを押して模様をつける「印花」という技法を加えた、独自の伊賀焼のスタイルを構築されています。

代々伊賀に窯を構える、作家・森里博信さん
印花文 土瓶 ¥6,480(税込)、小丸湯呑 ¥1,728(税込)

お花模様と言えば可愛らしい印象ですが、色合いがシックなので落ち着いた上品さも感じられます。模様色合いのバランスも、器を選ぶポイントのひとつです。

大人ならではの上質感と女性らしさが共存しているお茶セットは、落ち着いてティータイムを楽しみたい時にぜひ揃えておきたいアイテム。いちご大福やさくら餅など、和菓子がおいしい春のお茶時間にもおすすめです。

テーブルが華やぐ「器選び」のコツ
“普段使い“と”贈りもの”をテーマに、丁寧な暮らしへの目印となるような「もの」や「こと」を探し、選び、大切に届けたいとの思いから、器を中心としたアイテムをセレクトするオンラインショップ『 shirushi(しるし)』。店主の樫原恵子さんに「器選び」のコツについてお伺いしました。

樫原恵子さん

「器は、扱いやすさなど実用性も大切ですが、少しお手入れに手間がかかったり、経年変化を楽しめるものの方が、より愛着が湧き、長く使いたいと思えます。本当に気に入ったものを少しずつ買い足していくことは、お気に入りでまとまった素敵な食卓づくりにも繋がります。

また、製作の背景などストーリーがある器を選ぶことで、来客の際には会話のきっかけとなり、楽しい時間を過ごすことができるのではないでしょうか」(樫原さん)

普段から使うものだからこそ、少しずつ揃えるのも器選びの醍醐味です。季節の変わり目に、新しいお気に入りの器をひとつ加えてみてはいかがでしょう。

取材協力/
shirushi(しるし)(豆小皿、印花文 土瓶・小丸湯呑、カッティングボード)
http://shirushi-store.com

LIVING TALK(hiiroプレート)
http://www.living-talk.com/
(カイフチエリ)