It Mama

スキンシップ効果もアリ!肩こりママが実践したい一石二鳥の「親子ヨガ」

source:http://www.shutterstock.com/

毎日の抱っこや授乳で、ママの肩や背中はパンパン! 凝り固まってひどい場合は、頭痛や吐き気を感じるほど……。

休日、パパに預けてマッサージに行くのも良いけど、自分で身体をほぐせたほうが、時間もお金も節約できます。

それに最適なのがヨガ。

今回は、ヨガインストラクター兼アーユルヴェーダアドバイザーの筆者が“赤ちゃんとスキンシップをとりながら楽しくできるヨガ”をご紹介します。

 

■精神の安定をもたらす「呼吸」

ヨガで1番重要なのは呼吸です。

呼吸に意識を向けることのできない状態では、ヨガではなくただのポーズ、体操になってしまいます。

普段、忙しく育児に追われる私たち母親は、実は呼吸が浅い状態で生活をしてしまっているんです。でも、それにすら気付けないですよね。

ですのでまずは、ヨガを始める前に、ご自身の呼吸がどのように行われているのか、観察する時間を作りましょう。

 

そして、できるだけ深い呼吸の練習も最初に行います。

呼吸は鼻呼吸によって、吸う息と、吐く息の長さを均等にしていきます。呼吸が深くなることで、体中に酸素がいき届き、それだけでも筋肉が緩んでくれますよ。

そして、呼吸がもたらす最も良い効果は、“精神の安定”です。呼吸をコントロールできると、心もコントロールできると言われています。

そうすることで、育児が思うように上手くいかず、イライラしてしまいがちな時でも、心を落ち着けることができ、怖い顔で子どもに接してしまうことも減っていくと思います。