Woman.excite

外見のよさ=幸せではない? よりよく生きるためのヒントを得られるTEDトーク3選

みなさん「TED」はご覧になったことありますか? え、クマのぬいぐるみが登場するやつ? もちろんそちらもすばらしい作品ですが、ここで紹介するのは別のTED。「TED Conference」のことです。

© Sergey Nivens – Fotolia.com

TEDという非営利団体が毎年カナダのバンクーバーで開催している講演会のことをいいます。さまざまな分野の著名人たちがプレゼンテーションをおこなっており、そのようすはインターネット上で公開されているので、誰でも見ることができます。

■どんなことに役立つの?
とてもつらい状況に追いこまれたことや、人生の選択肢で迷ったりしたこと、あなたにはありますか? 「そんなこと一度もないよ」という方はほとんどいないと思います。どんな人でもなにかしら、自分にとってネガティブな経験や思いを抱えながら生きているものです。

TED Conferenceでは、著名人たちが自分自身の経験や考え方を真摯に話してくれます。そのなかから、自分が抱える不安と向きあい、よりよく生きるための“ヒント”がもらえるのです。

■おすすめTED Conference3選
なかでも、ぜひ見てもらいたいTED Conferenceを3つ、紹介します。

・スーザン・ケイン「内向的な人が秘めている力」
「外向的な人はすばらしい」私たちは幼いころから、そういわれながら育ってきました。けれど、スーザン・ケインは逆のことを主張します。「内向的な人はもっと評価され、奨励されてしかるべきだ」といっているのです。

自分の性格が嫌いになってしまったとき、見るとスッと心が軽くなるスピーチです。

・キャメロン・ラッセル「ルックスだけが全てじゃない。モデルの私がいうんだから信じて」
スピーカーのキャメロン・ラッセルはファッションモデルです。彼女は、自分自身が“遺伝子の宝くじ”に当たり、美しい容姿に生まれたことを認めています。

けれど、「外見のよさが、そのまま幸せにつながるわけではない」と彼女の経験を交えながら話しています。

・キャロライン・ケイシー「限界の向こう側」
「私にはできない。ムリだ」、「どうせ努力しても変わらない」そう考えて、自分の限界を決めてしまっていることはありませんか? 

キャロライン・ケイシーはある事実を打ちあけ、その経験をもとに「自分自身を信じること、ビジョンを持つこと」の重要さを説きます。

ここでピックアップしたもの以外にも、TED Conferenceにはすばらしいプレゼンテーションがたくさんあります。興味をもった方は、ぜひほかのものもご覧になってください。

そのプレゼンテーションが、あなたの人生を少しだけ変えてくれるかもしれません。
 
 
 
(ぞの)