Woman.excite

どいてって英語で何て言う!?【ムギ子のまじぽん使える英会話 Vol.28】

ハロージャパン! ライターの尾崎ムギ子です。

イラスト/尾崎ムギ子

April come she will~

ふと、サイモン&ガーファンクルを口ずさんでしまうような陽気ですね。4月になると彼女はやってくる~

ちなみにこの歌、「5月、彼女はそばにいてくれる(she will stay)」「6月、彼女の様子が変わる(she’ll change her tune)」と続きます。

7月、彼女は飛び立ち(she will fly)、8月…

August, die she must(彼女はきっと死んでしまうだろう)

…衝撃の結末です。

■第28回:「邪魔なのでどいてほしい」はシンプルに○○

昨年9月からスタートしたこの連載。「質問メールお待ちしています」と募集しても、一通も届かない日々…。

しかしついに! 質問がきました! うれしい…うう…ありがとうございます!

<質問>
道を歩いていて、「邪魔なのでどいてほしい」というとき、なんて言えばよいですか?

<回答>
ズバリ、“Sorry.”(すみません)です。

ムギ子流英会話のポイントは、「言わなくても通じることは言わない」です。

極力、極力、シンプルに言うことが、上達への近道。

この場合、「邪魔です」という状況説明とか、「どいてほしい」という願望とか、いろいろ言いたくもなるのですが、日本語でも「すみません」のひと言ですみますよね。

であれば、ひと言で言いましょう!

もちろん、“Excuse me.”でもOKですが、意外と“Sorry.”をよく使います。

「日本人はソーリーと謝りすぎ」と教わった記憶がありますが、いえいえ、謝るというよりもふつうに「すみません」の意味で“Sorry.”を使いますよ。

とくにイギリスでは、“Excuse me.”よりも“Sorry.”のほうがよく聞く気がします。

ちなみに、日本の学校で習う英語はアメリカ英語。でもじつは、イギリス英語のほうが日本語に近いため、習得しやすかったりします。

「tomato(トマト)」はアメリカでは「トメィト」ですが、イギリスでは「トマト」と発音します。「camera(カメラ)」はアメリカでは「キャメラ」ですが、イギリスでは「カメラ」です。

しかもイギリス英語はとってもスマートでカッコよく、アメリカ人でもイギリス英語を真似る人がいるくらいなので、いっそのこと、日本の学校でもイギリス英語を教えたらいいんじゃないかと個人的には思っています。

このコラムでも、クールなイギリス英語を紹介していきますね。

みなさま、質問メールどしどしお寄せくださいませ!

★メール:majipon_english@gmail.com
★Twitter:@majipon_english

ムギ子のまじぽん使える英会話

イラスト/尾崎ムギ子

【本日のまとめ】
「どいてください」は、“Sorry.”

 
 
 
(尾崎ムギ子)