WWO-Woman Welleness Online-

自宅でもできる?新しい自然療法「クレイセラピー」が気になる

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

いま、新しい自然療法として注目を浴びている“クレイセラピー”。

美容や健康をテーマにした雑誌だけに留まらず、ファッション誌にまでその特集が組まれるほど、自然派思考の方やプロの美容家の中でクレイを愛好する人が増殖しています。

そこで今回は、クレイセラピストの筆者が、クレイの魅力と簡単にできるクレイの活用法をご紹介します。

 

■そもそもクレイって何?

クレイとは、地球の長い歴史のなかで、生成された土壌に含まれる“粘土質”のこと。

豊富なミネラルを含み、太古の昔から、骨折、炎症、潰瘍、打撲、水浴などの外傷や病気を癒してきました。

あのクレオパトラもナイル川の泥を使ったクレイパックを愛好していたといわれるほど、100%ピュアでナチュラルなクレイもつ癒しの力は底知れぬものがあるのです。

 

■最大の武器は「デトックス」

クレイ(粘土=鉱物)は、マイナスイオン化した表面が、体内にある余分なプラスイオン(重金属、老廃物、毒素など)を吸収・吸着し、体外に排出(デトックス作用)する力を持っています。

その他にも、クレイには嬉しい作用がたくさん!

<クレイの作用>

・鎮静作用

・鎮痛作用

・抗炎症作用

・循環促進作用

・免疫促進作用

・瘢痕形成作用

・ミネラル補給

 

■簡単!おすすめクレイ活用法

クレイセラピーと聞くと、「扱い方が難しそう」、「どう使えばいいかわからない」、「種類がたくさんあって選ぶのが難しい」と思ってしまいがち。ですが、知識や経験がなくても誰にでも簡単に実践できるクレイセラピーがあります。

その代表が“クレイバス”。その名の通り、お風呂に入れて浸かる方法です。

クレイバスは19世紀ドイツでクナイプ牧師がウォーターセラピーと称して、クレイを使った療法を確立したことがはじまりといわれています。冷え、むくみ、慢性疲労、倦怠感、筋肉痛、腰痛など、さまざまな症状が現れたとき、とても簡単に身体を癒せるのが魅力です。

発汗作用が高まることで、不調の原因にもなる老廃物を体外に排出してくれるので、血液循環が促進され巡りの良い身体作りに繋がります。

また、汚染物質、電磁波、ストレスなどの影響でプラスに帯電する活性酸素は“身体を酸化させてしまう”ため、マイナスに帯電しているクレイがそれらを吸収・吸着し排出する効果が期待できます。

 

天然のクレイは、わたしたちの治癒力向上を促進するために役立ちます。使い方もシンプルで、禁忌事項も少ない“クレイセラピー”。入浴やパックなどでホームケアに取り入れてみませんか?

【筆者略歴】

※ 田口真理子 ・・・ 国際クレイセラピー協会認定クレイセラピスト。『デトックス・クレイ&ライフスタイルサロンCharma』を主宰。都内から湘南エリアに拠点を移し、クレイセラピーを柱に自然療法、予防医学、Natural Life Stylistとして活動中。

【画像】

※ images72 / Shutterstock

【関連記事】

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ お風呂上がり15秒!「アゴラインをスッキリさせる」セルフマッサージ♡

※ まんまる顔がスッキリ!老廃物がザーッと流れる「4ステップリンパマッサージ」♡

※ 逆効果だった!どんどんシミをつくる「老け顔スキンケア」とは

※ まだ使ってないの?「携帯料金を安くする」カンタンすぎる方法 [PR]