Woman.excite

恋多き女ほど、しあわせな結婚ができる!? 結婚前にしておきたいこと

結婚して、出産まで経験している友だちが増えているのに、自分だけまだ独身であることを気にしていませんか? 

でも、焦ったり、引け目に感じたりすることはありません。じつは独身のいまこそチャンスです。独身時代を謳歌(おうか)した女こそ、最良の人と出会えるんです。

1.いまのうちにたくさん恋愛をしよう!
結婚をしたらひとりの人を愛し続けますが、ときどき「本当にこの人で良かったのか」と不安を抱く人もいます。自分の結婚相手が運命の人だと自信をもつためには、“たくさん恋愛をしておくこと”が大切です。

また、結婚に対する不安のなかでも、すこし怖いのは「他の人によそ見をしてしまうこと」。

これも「自分にはもっといい人がいるのでは?」という気持ちから起こってしまうものですが、相手にとっても、自分にとっても悲しい結果になりがち。

結婚後によそ見をしないためにも、やはりいまのうちに多くの人と知りあっておきたいですね。

離婚するのは大変ですが、恋愛期間だったらまだやり直しができます。失敗を恐れずに、どんどん恋をしていきましょう。

2. 恋をしたらみえてくるもの
恋愛経験値を積み重ねることで、「どういう相手が自分にあっているのか」「自分の○○なところはいけない」などと、相手と自分自身について分析できるようになってきます。

恋愛の中ではとくに、自分の良さと短所は何か、自分自身を理解していくことに努めてみましょう。もし、うまくいかないことがあれば、なぜダメだったのかを考えて次へいかしましょう。

3. たくさん恋をするために
そもそも「恋ができないから困っている」と思う人もいるかもしれません。恋をするカギは、“人の優しいところ”を探すようにすること。

「会社の同僚はいつも怖そうな顔をしているのに、仕事で困っていると丁寧に教えてくれる」

「くされ縁の地元の男友達は、何かあればすぐ駆けつけてくれるし、どんなときも話を聞いてくれる」

“いいところ”を探しても、それは“いい人”で終わってしまいやすいので、“優しいところ”を意識してみるといいですね。「あの人は自分には優しい」と気がつくことが、好きになるきっかけになるかもしれません。

4. 結婚相手には“スペシャル”がある
たくさんの恋をして、多くの人を見てくると、「今までの人とは違う」部分がわかり、それがいつしか特別な存在になります。

相手が自分にとって特別だと実感できたら、相手のこともより一層に大切にできるでしょう。この“特別”が何なのか、とことん探すことができるのは独身時代だけです。

結婚してからふたりの間に何かあったら大惨事になるかもしれませんが、結婚前ならカスリ傷ですむこともあります。焦らずゆっくり、最良の人を見つけていきましょう。
 
 
(藤平真由美)