Woman.excite

「うわ…来た」って思われてるかも LINEのNGワードと返信させるコツ

恋人との連絡手段として、もはやLINEはなくてはならない存在になっていますよね。でも、やっかいなのが既読表示。もう読んでいるはずなのに、「どうして返信をくれないの?」と考えをめぐらせたことがある方も多いはず。

そんな連絡不精な彼は、どうすれば返信してくれるのでしょうか。まわりのモテ女たちのテクニックから、研究してみました!

■●●入りのスタンプをプレゼント
男性のなかには「既読」表示が、返信がわりになっている男性も少なくないのだとか。

Sさんの彼は、「相手に確認したことが伝わっているのだから、わざわざ返信をしなくてもOK」と考えているそう。たったひとことの返信すら面倒な男性心理をわかる女性は、なかなかいないかもしれません。

そんな彼にSさんは、「OK」「ありがとう」などのセリフの入ったスタンプをプレゼント。文字を入力するよりも簡単なので、返信がくる確率が高くなったといいます。

■不要なメッセージを送らない
恋人に対しては、こまめにメッセージを送りたがる女性は多いもの。しかし男性には、そういったタイプはあまりいないですよね。

そのため、「いま何してるの?」という緊急性の低いLINEは、放置プレイされがちです。やりとりを楽しみたい気持ちはありますが、忙しい彼には控えたほうが無難のようです。

そんなLINEばかり送ってしまったUさんは、肝心な内容も既読スルーされてしまうように。それ以降は反省して、不用意にLINEを送る頻度を減らしたそうです。

■思わずツッコミたくなる写真を送ってみる
「メッセージを疑問形にすると返信をもらいやすくなる」というメールやLINEのテクニックがありますが、「オッケー」すら面倒くさがる人には、質問に答えるのはハードルが高いことも。

そんな彼の気を引きたいなら、思わずツッコミたくなる写真を送ってみましょう!

Mさんは彼から返信が来ないときには、街で見かけたおもしろい看板など、思わず「何それ?」と聞きたくなるような写真を送るようにしてから、よく返信がくるようになったのだとか。

■話を長引かせない
LINEではチャットのように会話を楽しめるので、つい長々とやり取りしてしまいがち。しかし、あまりにも続くとやめどきがわからなくなり、LINEがくるだけでうんざりしてしまう人もいるのだとか。

「この子のLINEは長引くからスルー」と思われたらアウトですよね。

そうならないためにも、きりのいいところで会話を終了させるのがポイント。ころ合いを見て、「明日も早いよね? 遅くまでつきあってくれてありがとう」「お風呂入った?」といった言葉で、彼を解放してあげましょう。

LINEはメールと比べると、手軽な通信手段だと思うかもしれませんが、それすら面倒だと感じる人がいるのも事実。

返信が欲しい相手が、返信しやすい環境を作ってあげましょう。「泣かぬなら泣かせてみせようホトトギス」の精神ですね!
 
 
(藤井蒼)