WWO-Woman Welleness Online-

モヤモヤお腹がスッキリ!「腸内環境を整える」5つのツボ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

腸内フローラ、腸内環境……最近よく耳にする言葉ですよね。体に合ったヨーグルトやサプリメントを摂取するなど腸内環境を整える方法はいろいろあるようですが、押すだけで整えることのできるツボがあることはご存知ですか?

ツボには、“経絡”というものがあり、腸内環境を整えるには大腸経と胃経というツボを刺激するのが効果的だといわれています。

そこで今回は、鍼灸師の筆者が、腸と胃を健康に導くツボをご紹介します。セルフケアで腸内環境を整えていきましょう!

 

■1:下痢、腹痛には「天枢(てんすう)」

てんつう

おへそから外側に指3本分のところ。下痢でおなかが冷えているときはここを温めると効果的です。

お灸がオススメですが、カイロで代用することも可能。低温やけどにはご注意を!

 

■2:さらに慢性的な下痢症状には「足三里(あしさんり)」

あしさんりひざの下の外側指4本分のところにある足三里は、胃経では超が付くほど有名なツボ。消化器系の諸疾患や慢性疲労などにもよく使われます。

 

■3:便秘の場合は「大巨(だいこ)」だいこ刺激すると胃腸の働きを活発にする、即効性のあるツボです。天枢のツボの指3本したにあります。

 

■4:胃痛、胃のムカムカを整えたいなら「中脘(ちゅうかん)」

ちゅうかん

経絡は任脈(にんみゃく)と呼ばれるところにある中脘で、胃に関するテッパンのツボです。さすってもいいですし、温めるとなお効果が期待できます。

 

■5:意外?腸を動かすなら「神門(しんもん)」

しんもん

神門は胃腸の蠕動運動を活発にさせてくれるツボです。関節のうえにあるので押すときは優しくどうぞ。1日何回押しても大丈夫です。

 

いかがでしたか? 今回ご紹介した腸内環境を整えるツボは、どれも気軽に使えるものばかりです。自分でできるものを厳選したのでぜひお試しくださいね。

ただ、日ごろの運動や食生活、ストレスを溜めないことも腸内環境には大切ですよ。

【筆者略歴】

小西みわ・・・ 鍼灸師、よもぎ蒸しダイエットアドバイザー。女性専門サロン『美和鍼灸治療院』代表。東洋医学と美容を融合させた全身美容鍼灸が得意で、オーダーメイド施術を行う。せんねん灸セルフケアサポーター。ブログも好評。

【画像】

※ Andrey_Popov / Shutterstock

【関連記事】

※ 無理してない?プロが教える「疲れを溜めないツボ」3選

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

※ ヨーグルトじゃダメ!? 腸がみるみる若返る「日本人向け菌活」3つ

※ プロが絶賛!大人の乾燥肌にピッタリの「節制美スキンケア」とは [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]