専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > O脚はコレで卒業!スッキリ美脚になれる「正しい立ち方」のコツ

O脚はコレで卒業!スッキリ美脚になれる「正しい立ち方」のコツ

http://www.shutterstock.com/

日本人女性に多いO脚。ひどいときは膝が痛くなることもあります。 O脚の人の特徴は、“外側重心”だということ。

街を歩いていたり、駅のホームや信号待ちをしている女性を見ていると、外側重心で立っている人の多さに驚きます。

しかし、外側重心は普段の生活で“正しい立ち方”を意識すれば改善することができ、O脚の解消にもつながります。

そこで今回、理学療法士の筆者が、外側重心の例と正しい立ち方のコツをご紹介します。

 

■そもそも「外側重心」って?

外側重心とは、足の小指側に体重が乗っている状態のことを指します。この状態が続くと、体のいたるところに悪影響を及ぼすことに……。

1)膝の痛みの引き金になりやすい

外側ばかりで重心を支えていると、外側の筋肉は張ってきて内側の筋肉は衰えてきます。筋肉は関節のまわりにくっついているため、筋肉のつき方のバランスが崩れると膝へのストレスが強くなり、痛みの原因になる可能性があります。

3)膝以外の関節や、体幹も衰える

外側重心の状態では、体重を身体の外側によりかかるように支えるため、膝だけでなく股関節や体幹にも影響があります。

その結果、関節を支える役割をしているインナーマッスルも衰えてきてしまいます。

 

外側重心になっている立ち方3つ

1)小指側に重心が乗っている

NG立ち方
親指が浮いていたり、浮きそうだったりします。

 

2)つま先が内側に向き、ハの字になっている

NG立ち方

3)片方の足の外側で体重を支えている

NG立ち方

いつも同じ足で支えている人が多いです。

 

■O脚予防に!正しい立ち方

1)内ももを締める

正しい立ち方

両足をひっつけて、お尻を寄せるようなイメージです。

 

(2)母指球を意識

正しい立ち方

母指球とは下の図で示した部分。正しい立ち方

 

1日の中で立っている時間はたくさんあります。信号で立ち止まったとき、歯磨きをしているとき、立ち話をしているとき、電車の中……など、色んな場面で意識をしてみてくださいね。

内側重心でスッキリ美脚を目指しましょう!

【筆者略歴】

安季 ・・・ 理学療法士として患者さんへのリハビリ業務に携わる。その傍ら、リラクゼーションサロン『sayamakan』を開設し、アロマトリートメント、1人1人に合わせた自宅で出来るセルフトレーニングプランの作成などを提案している。

【画像】

※ bese / shutterstock

【関連記事】

※ コリにくい肩に!理学療法士が教える「インナーマッスル」の鍛え方

※ 肩こり、腰痛、疲れ…今スグ「腹式呼吸」を習慣にした方がいい理由

※ 【イベントレポート】アクロヨガから学ぶ、自信をつくるのは「私にもできた」という感覚

※ 乾燥小じわにSTOP!「肌の可能性を引き出す」大人のうる肌スキンケア [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

国家資格理学療法士免許取得後、リハビリテーション病院、整形外科でのリハビリに従事中。痛みや障害が起きた方のリハビリに関わる中で、多くの患者様から「もっと早く身体のケアをしていればよかった」との声を多く受け、健康な身体こそ人生において大切なものだと確信。患者様から貰ったそのメッセージを現代の働き世代に伝えるべく、病院勤務の傍ら、プライベートサロン“sayamakan”を開設。1人でも多くの人が、生活しながらも、身体に気づき、意識し、セルフケアを習慣化していけるようサロンを通して発信中。
sayamakanではアロマとリートメントの他にセルフトレーニングプランの作成も。ただトレーニングするのではなく、それぞれの身体で不足している部分を評価し、1人1人に合わせた自宅で続けられるトレーニングプランを提案。少しずつの積み重ねで、歳を重ねながらも気持のいい身体で居続けられるよう、今から自分自信で予防していくことの大切さをお伝えします。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる