WWO-Woman Welleness Online-

1日1分でリセット!お疲れ「猫背腰痛」に効くヨガポーズ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

様々なタイプの方がいらっしゃいますが、体を酷使して腰を痛めていたり、ヘルニアなどの疾患ではない限り、多くは姿勢の悪さや疲労からくる腰痛がほとんどでしょう。

特に体重が重めの方で、筋力が少ない場合は腰への負担はかなりのもの。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、疲労腰痛に効くヨガポーズの正しい取り方を教えます。

 

■疲労腰痛は「猫背」と「反り腰」の2パターン

疲労腰痛には姿勢の悪さが大きく関わります。大きく分けて、“猫背腰痛”と“反り腰腰痛”との2パターンに分かれますが、今回お伝えするのは“猫背腰痛”のための改善ポーズです。

猫背の場合、背中から体が前方向に丸まった姿勢になっています。実際にやってみてください。真っ直ぐに立った姿勢から背中と頭を丸めると、体が前のめりになりバランスを崩しそうになりませんか?

それを防ぐには、背中が丸まり頭が前に出てしまう上半身を支えるために、腰を曲げひざを緩めて……という風に、下半身に大きく負担をかけながら体全体のバランスを取るしかありません。

このように体のあらゆる部分が曲がった状態でバランスを取っている猫背さんは、関節にも大きな負担がかかっています。そのため、リンパの流れも悪くなりやすく、むくみの原因にもなってしまいます。

 

■1分間でリセット!猫背腰痛には「コブラのポーズ」

(1)うつ伏せの状態になり、両足は腰幅に開きます。両肘を曲げて、手を胸の横あたりに置きましょう。この時、肘は体に引きつけるようにし、開きすぎないようにしましょう。

(2)息を吸うタイミングで胸と背中を起こします。ある程度起こしたところで、腕の力を借りてさらに上体を引き起こします。

効果を出すためには、肩が上がらないように意識的に下ろすようにしましょう。また、お尻の力を緩めてお腹から胸にかけて上方へ伸ばすように意識しましょう。

(3)ポーズをキープする時に、腰回りが張るような感じがしたり痛みを感じたりしたら、負担がなくキープ出来そうな場所まで緩めます。コブラのポーズ

(4)呼吸を止めないようにしながら、1分間保ちましょう。辛いと感じた場合は無理せず20秒〜30秒あたりからチャレンジします。

(5)息を吐きながらうつ伏せに戻ります。体の刺激が抜けるまでゆっくり休みましょう。

 

いかがでしたか? このポーズは“猫背腰痛”さんの疲労を取るポーズです。反り腰で悩んでいる方は避けて下さいね。1日1分で、疲労した腰をスッキリとリセットしてあげましょう。

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。

【画像】

※ Wayne0216 / shutterstock

【関連記事】

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]

※ 乾燥小じわにSTOP!「肌の可能性を引き出す」大人のうる肌スキンケア [PR]

※ スキマ時間にサクッと!「二の腕のプヨ肉&肩コリ」撃退ストレッチ♡

※ ガチガチお尻をプリッと!腰痛に効く「予防&改善」ストレッチ

※ 春こそ美姿勢に!簡単にできる「猫背改善」ストレッチ