Woman.excite

男の「ソノ気」を一瞬で奪う お泊まりデートのご法度とは?

せっかくのお泊まりデートなのに、彼氏が突然不機嫌に…。そんな経験はありませんか? もしかしたら、それはあなたがお泊まりデートにおけるNGな言動をしてしまったからかも。

(c) lenets_tan – Fotolia.com

男心は意外とデリケート。思いもよらないところで傷ついて、「その気」を失ってしまうこともあるようです。

今回はそんな男性の「その気」を奪う、お泊まりデートのご法度について、女性たちの経験談を交えてご紹介します。

■「眠い」発言はご法度!
webデザイナーとして活躍する女性・Sさんは、以前こんな経験をしたそうです。

「彼の家でお泊まりデートをした日、すごく仕事が忙しい時期で疲れていて…。食事あとかたづけをしてひと息ついたら、急に眠くなってしまったんです。それでつい、『あ~、眠い』の本音がポロリと。

すると、それまでご機嫌だった彼の様子が一変。とても不機嫌になり、一応そのまま泊まりましたが、甘い雰囲気になることはなし。残念なお泊まりデートでした」

彼もお泊まりデートを楽しみにしていたのに、まさかの「眠い」発言。それですねてしまったのかもしれませんね。

■彼氏以外の男を褒めるべからず
公務員の女性・Kさんは、失言で彼氏と気まずい空気に…。

「彼の部屋でお泊まりデートの夜、テレビを見ながら彼に肩を抱かれて良いムードだったのですが…。CMに私の好きな男性俳優が出ていたので、『この人、カッコいいよね!』とつい言ってしまったんです。

その途端、彼は手をパッと引いて、『こんなタイミングでほかの男の話とか、あり得ない!』と怒りだしました。私も『そんなことで怒るなんて…』と反撃してしまい、険悪な空気に。彼はそんなに嫉妬深くないタイプだったので、驚きました」

普段は気にしない男性でも、「いざ!」という甘い雰囲気のときだと腹が立つのかも?

■風呂は短めに済ませるべし!
最後は、アパレル関連企業に勤務する女性・Tさんの失敗談。

「ホテルでのお泊まりデートで、長風呂しすぎて彼の機嫌を損ねてしまったことがあります。女性としてはいろいろ気になりますよね? もろもろ念入りに…と思っていたら長くなってしまって。すでにお風呂を済ませた彼を、1時間半も待たせてしまいました。

部屋へ行くと、彼は眠気とイライラでかなりご機嫌ナナメ。なんとかなだめて機嫌を直してもらうのに苦労しました」

普段から長風呂の女性は、とくに注意が必要ですね。いろいろ気になるのはわかりますが、待っている彼のことを忘れないで!

彼氏の機嫌が悪くなってしまったら、せっかくのお泊まりデートが台無しです。そんなささいなことで機嫌を損ねるなんて…とちょっと面倒な気もしますが、甘い一夜を満喫するためには、ご注意を。
 
 
(森川ほしの)