Woman.excite

国際結婚ママが語る、外国人男性を射止める女性の特徴

街を歩いていると、ドイツ人の父親似で洋風の顔立ちの息子を見て、「わ~、かわいい! 私もハーフの子がほしいんです。どうしたら外国人と結婚できますか?」と、見ず知らずの女性にたずねられるという、嘘のような本当の話が何度かありました。

(c) Wrangler – Fotolia.com

しかし、私のまわりで国際結婚している日本人女性には「日本人にモテなかったから」という人がとても多いのです。

かくいう私もそのクチです。私個人の印象ですが、日本男性の好む女性とは、たとえば女子アナのように清楚で従順、かわいらしい良妻賢母タイプ、もしくは、マンガに出てきそうなバストの大きな少女、にかたよっている気がします。

■「セクシー=お色気」とは限らない
では、外国でモテる日本女性とは、どんな人たちでしょうか。ここでは「英語圏」の男性を想定してお答えします。

とくに白人男性は昔から日本女性に対する憧れがある、と白人男性が言っていましたので、昔ながらの大和撫子タイプもモテると思います。でも、実際に多く見かけるのは、知的で、自分の意見をきちんと持ち、活発に社会活動に参加しているタイプでしょう。

英語圏の男性が女性に対してsexyという言葉を使うとき、そこにはたいてい外見的要素だけでなく「知的」という意味が含まれているように思います。

もちろん、セクシーの定義は個人的なものですから、グラビアモデルのような女性を指す場合もあるでしょうが、そういうタイプの女性はよくdumb blondeなんてステレオタイプでくくられることもあります。たいへん失礼な表現ですが…。

■「完璧な女性」がモテるのは万国共通!?
ところで、最近男性がよく使う理想の女性像にcomplete package(完璧なセット)という表現があります。

これは、「美人でスタイルが良く、性格がよく、ファニーで、知的で、仕事ができて…」という条件がすべてそろった女性のことを表しますが、ここでも「知的」というのはキーワードになります。

この表現、女性側からは「商品パッケージみたい」「要求多すぎ」と賛否両論なのですが、男性側は純粋に賞賛の言葉として女性に投げかけることが多いよう。ただし、男性には用いません。packageはスラングで「男性器」を示す場合もあるからのようです。

英語圏の男性の好み、なんとなく、おわかりいただけましたでしょうか。才色兼備、そして自分の意見をしっかり持った行動派。かのジョージ・クルーニーを射止めたアマル・クルーニー女史の例がわかりやすいかもしれません。

なので、わたしからできるアドバイスはただひとつ。外見だけでなく、内面と頭脳磨きもがんばりましょう! ということです。
 
 
(モーゲンスタン陽子)