Woman.excite

性格がいいだけじゃダメ!? 恋人がいるのに結婚できないアラサー女の特徴

恋人はいるけど、結婚の話が出ていないという方。「彼との関係は上手くいっているし、ちゃんと愛されている。だから、そのうち結婚できるでしょう!」そう思ってはいませんか。

© Photographee.eu – Fotolia.com

まだプロポーズされていないわけですから、「大丈夫! 問題ない」なんていうのは自分勝手な思いこみです。あなたは問題がないと思っていても、彼がいまの関係に満足していると自信をもって言いきれるでしょうか。

ひとりで先走って安心していると、思わぬ落とし穴が待っていることも。

つまり、このままじゃ結婚できないというプレッシャーが重要です。彼に逃げられる前に、プロポーズしたくなるような女を目指すことが結婚への近道と言えそうです。

そこで今回は、恋人がいても結婚できないアラサー女の特徴をチェックしながら、彼のハートを離さないためのポイントを確認していきましょう。

■常識が欠けている女
一般常識が欠けている、道徳性が乏しい、マナーが悪いなど、とにかく大人としての基本が未熟の女性は、おそらく、彼との関係が結婚まで発展しないでしょう。

理由は、一緒にいて恥ずかしいから。これから力を合わせて家庭を築いていこう、とは思えないわけです。だからプロポーズもできない。

いくら人柄や性格が良くても一般的な常識がなければ、家庭的なイメージから外れてしまいます。

30代を過ぎても常識が欠けている彼女なら、おそらく彼はストレスを感じているでしょうね。いま一度、自分の常識レベルを見直す必要がありそうです。

■料理ができない女
「いまは男性も料理をする時代! 女が料理して当たり前なんて、差別だ!」それは、料理できる人が言える主張です。

ある程度の料理ができて、それから「男性も料理するべき」と言うなら納得できますが、できないからできるほうがすればいいというのは一方的な言い訳にしか聞こえません。

結婚にとって料理は、家庭的なイメージにも影響する問題です。「この子と結婚したら毎日レトルト食品なのか」なんて思えてくる彼女にはプロポーズできません。

せめて、一般的な家庭料理くらいはつくれるようになりたいところ。なんだかんだ言って、やっぱり男は女性の手料理に弱いですから。

■掃除ができない女
料理と同じく掃除ができない女性も家庭的なイメージから外れていきます。むしろ、「結婚する前に気づいてよかった」というのが男の本音でしょう。

彼にプロポーズされたいなら、クリアしておかなければならない課題です。家に帰っても、汚い部屋が待っていると思ったら寒気がしませんか?

■金づかいが荒い女
ファッションやブランド、美容に趣味などにお金をかけすぎてはいませんか。金銭感覚が合わない女性とは、結婚したいとは思えません。きっと結婚しても変わらない、そう思われて当然です。

恋人なら許せるでしょうが、結婚となれば見方が変わります。金づかいが荒い女との生活なんて、将来のことを考えると避けたいと感じるのではないでしょうか。

それよりも堅実に暮らしている女性のほうが魅力的に感じられます。とくに結婚を意識するなら、家計や収支の管理を安心して任せられるような女性と一緒になりたいですよね。

恋人がいても結婚できないアラサー女の特徴を4つご紹介しました。心当たりがある人は、見直したほうが良いでしょう。ひょっとしたら、すでに彼が別れを考えている可能性だってありますよ。

ぜひ、彼から「結婚したい」と思われる女性になってください。過剰な自分磨きよりも、まずは彼のハートをしっかりとつかんでおくことが何よりも大切ではないでしょうか。