Kirei Style(キレイスタイル)

おブスなポーチは卒業! 女性らしさを上げる「メイク道具」整理術

メイクは女性の毎日に欠かせないもの。新作や話題のコスメを買って試すのも楽しみのひとつですよね。しかし、ふと気づくと1年以上使っていないリップや、いつ買ったのかさえわからないアイシャドウなどでポーチがパンパンに…。そんな”おブス”なポーチを今すぐ卒業できる、メイク道具の整理術をご紹介します。

まずは、ポーチの中身をすべて出す
ぎゅっと詰まった化粧ポーチの中身をひとつずつ確認しても、なかなか必要なもの・必要じゃないものはわからないはず。まずは、中身をすべて出して並べてみましょう。全体を眺めていると「持ち歩かなくてもいいアイテム」や「もう使わないアイテム」などがよく見えるので、自分にとって必要なアイテムの優先度合いがわかってきます。

また、ポーチの大きさを見直すのも大事。必要以上に大きいポーチを使っていると、何となく必要のないアイテムをストックしていたり、使わないアイテムを入れっぱなしにしたりする確率が上がります。なお、ポーチは仕事用プライベート旅行用などにわけて作っておくと何かと便利ですよ。

「使用期間」をチェックして断捨離すべし!
使っていない化粧品は、未開封であれば3年、開封後は半年を目安に思い切って処分を。「もったいない」、「まだ使えるかも」という言葉が頭に浮かぶかと思いますが、それを使って肌荒れなどを起こした場合に費やす時間・費用を考えると安いものです。

購入日や開封日がわからないコスメは、見た目で判断してみて。分離していたり、酸っぱいにおいがしたり、変色していたりと、何か変化があった物は迷わずゴミ箱へ。

雑菌まみれのポーチ&メイク道具は美肌の大敵
ポーチやメイク道具の整理とともにやりたいのが「お手入れ」。皮脂や汗がつきやすいファンデーションパフなどは雑菌の温床となっており、お手入れせずに使い続けるとニキビや肌荒れなどのトラブルを招いてしまいます。

ファンデーションのスポンジやパフは、ぬるま湯で十分濡らし、中性洗剤をつけて軽くもみ洗いしましょう。しっかりすすいだら、水気を拭き取って風通しの良い日陰に干します。汚れやすいため、1週間に一度は洗った方がいいそうです。

メイクブラシは2週間に1度は洗いたいところ。中性洗剤などで洗ったあとに、リンスなどの柔軟剤につけておくと手触りが良くなります。生乾きのまま使用するとかえって雑菌が増えるのでしっかり乾燥を

コスメポーチは、濡らしたティッシュやコットンを使って、内側と外側の汚れを拭い取ります。洗える素材のポーチを選んでこまめに洗濯するものあり。除菌効果のあるスプレーなどを利用すれば、目元・口元に使うアイテムを入れていても安心です。

コスメポーチの整理も、女性にとっての身だしなみのひとつ。お肌のためにも、中身はキレイに保っていたいですね。
(木村ゆう)