Woman.excite

見てられないほどイタい! みんなに嫌われる“カン違いサバサバ女子”の特徴

重い女性や尽くす女性は、「かかわると面倒くさそう」というイメージがあり、男性から敬遠されがち。最近は、明るく元気で友達のようなつきあいかたができる「サバサバした女性」に人気が集まっているようです。

(c) nuzza11 – Fotolia.com

でもここで問題が! 「サバサバした女子」といっても、男性ウケのいいパターンと、男性ウケの悪いパターンがあるんです。それではその差をチェックしていきましょう。

■男性に好かれるサバサバ女子の特徴

・明るい
・さっぱりしている
・思ったことをはっきり言う
・ポジティブ
・裏表がない
・大らか  というイメージ。

確かにこのような女性は一緒にいてラクそうだし、つきあいやすそうです。しかし、上記のような男性ウケがいいサバサバの条件も、ほんのちょっと踏み外してしまうと、一気に男性ウケが悪いサバサバに転落してしまいます。

■元気と下品を混同するべからず
「明るくて元気」というのと「うるさくて騒がしい」というのは似て非なるものです。

時と場合やその場の空気などを考えずに騒いだり、必要以上に声や笑い声が大きかったり、みずから下ネタを買って出たりする女性は、サバサバしているのではなく下品だと思われてしまいます。

いつも笑顔でみんなを盛り上げたり、はげましたりできる女性が、男性から好かれるサバサバ女子。下品に転ばないように気をつけましょう。

■辛口トークと悪口を混同するべからず
「言いたいことははっきり言う」をモットーとしていて、「私毒舌って言われるんだよね~」などと自慢げに語るサバサバ女子も多いですが、「毒舌だね」という言葉は、「悪口ばっかり言ってるね」と同義語です。

もちろんなかには、軽妙な辛口トークができる人もいますが、そういう人は「毒舌」ではなく「おもしろい」と表現されるはず。

「毒舌家」は絶対的に男性からは好かれませんので要注意です。

■大らかといい加減を混同するべからず
細かいことを気にしなかったり、クヨクヨせず立ち直りが早かったりする大らか系のサバサバ女子は魅力的ですが、大らかといい加減は別物。

「ちょっとくらいいいじゃーん」などと言いながら、サバサバを隠れみのにして、時間にルーズだったり部屋が汚かったりすることをごまかしている女性は、言動をあらためた方がいいかもしれません。

■サバサバを押し付けるべからず
男性に嫌われるサバサバ女子は、自分がサバサバしていることを必要以上にアピールする傾向があります。

何かにつけて「私ってサバサバしてるから~」とか、「男っぽいって言われるんだよね」などと言っていませんか?

本当にサバサバしていて気持ちのいい人は、まわりからもそう言われているもの。わざわざ自分でアピールしている時点で、ちょっぴりズレているのかも!?

「サバサバ」は一歩間違えると、品がなく見えたり大ざっぱに見えたりという危険アリ。サバサバしていても女性らしさを忘れないことが、男性から好かれるポイントです。
 
 
(イトウウミ)