Kirei Style(キレイスタイル)

シャンプー中に命の危機!? 「美容院脳卒中症候群」とは?

美容院でのシャンプーは、ウトウトと寝てしまうほどリラックスできる至福のひととき。しかし反対に「頭痛がする」「具合が悪くなる」といった理由から、美容院でのシャンプーを苦手にしている人も。

その症状の理由は「美容室脳卒中症候群」かもしれません。稀に死に至る場合もあるこの症状について紹介します。

シャンプー中に目眩、吐き気、頭痛…
「美容院脳卒中症候群」という恐ろしい名前がついていますが、吐き気目眩が主な症状。重症化すると手足がしびれたり、嘔吐、頭痛などが起こる場合もありますが、このような症状は首を後ろに反らせる美容室でのシャンプーの姿勢が原因だと考えられています。

頸椎の中に心臓から脳へと繋がる椎骨動脈という血管が通っており、首を後ろに反ることでこれが圧迫され、血流が低下して吐き気や目眩などの症状があらわれるそう。そして、稀なようですが、小さな血栓ができてしまっていた際、体勢を戻したときに血栓が勢い良く流され、細くなった血管に詰まって脳梗塞や脳卒中を引き起こすといわれています。

「美容院脳卒中症候群」の予防法
予防法としては、首の血管の圧迫を避けることがひとつ。反るときは首の根元を支点にせず、頭の付け根を支えにすることが大事です。

また、シャンプー中にこれらの症状が出た場合は、遠慮せずにすぐに申し出て休ませてもらってください。一過性のものが多いため、軽い症状であれば休むと治ることが多いようです。もし症状が続いたり悪化した場合はすぐに病院へ。美容院からの帰宅後に症状が出ることもあるので、体調の変化には気をつけてください。

そのほか、水分をしっかりとったり、運動不足を解消させるなど、血流を滞らせないような生活を送ることも大切。

「美容院脳卒中症候群」と同様の症状は、顎を突き出した姿勢でのパソコン作業や草むしりしたりなど、日常生活の動作でも引き起こされることがあるので、症状が起きにくい体の状態にしておくことが大事だそうです。

最近では、この症状を防ぐために首の負担を減らしたシャンプー台を採用したり、ヘッドスパなどの長時間になる施術は体を完全に横にできる椅子に変わったりします。また、頭を揺らす動作などを極力しないよう指導している美容院も少なくないよう。

血栓によって脳梗塞を起こすことは稀だそうなので、気にし過ぎることはないそう。しかし、以前具合が悪くなったことがあって不安に思ったら、事前に美容師へ相談するのも良いかもしれませんね。
(キレイスタイル 編集部)