Woman.excite

彼への気持ちが薄れている女性へ「マイ倦怠期」を終わらせるための3ステップ

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。

© WavebreakmediaMicro – Fotolia.com

どんなに好きな人でも、長い時間一緒にいると、そばにいることが当たり前になり「マイ倦怠期」がやってくること、ありませんか?

別れたいと思うほど、気持ちが冷めてしまったわけではないけれど、いままでの「大好き!」な気持ちが減っている…。まして、結婚している関係や同棲しているカップルであれば、そう簡単に距離を置くこともできませんよね。

そんなときは、どうしたらいいのでしょうか。一番良い方法は、付きあいたてのころのような気持ちに戻ること! だと思いますか?

…それができるなら苦労しないというものです。

過去に戻るのではなく、新しいふたりの形を…もっと言えば、あなた自身が「心地よい状態」を見つけることが、マイ倦怠期が終わる方法なんです。では、その「自分が心地よい状態」に大切な3つのポイントをお話しします。

■「冷めた」原因を探る
まず、1つめが「どうして気持ちが冷めたのか?」と客観的に知ること。これがとても大切です。いまの状態をあらわすならば、これまでふたりで過ごしてきた「何か」の蓄積によってできた違和感といえるでしょう。

その「違和感」をしっかり知ることは、自分自身の未来にもつながっていきます。というのも、ダラダラと惰性で付きあっているカップルは、まさにこの「何か」を理解せず、なんとなく付きあっているため、何かしらの決断ができないでいるのです。

相手に対する「好き」とはちがう気持ちの変化を自分自身でしっかり見つめてください。そうすることで「続けていく」のか「本当はもう気持ちが冷めきっていたのか」を明確にできます。

たとえば、彼が「束縛する」ことで、少し気持ちが冷めているとします。それが自分にとって「ちょっと苦痛」なのか「一緒にいることも嫌になるほどの苦痛」なのかをしっかり理解してください。

そして「一緒にいることも嫌になるほどの苦痛」であれば、サヨナラのサインです。そうじゃないのであれば、自分は束縛によって「信じてもらってないのかな」といった違和感を見つけだしてください。

■どういう状態なら、自分は心地よいかを考える
もともとはなにも感じなかったできごとも、蓄積することで「なんで?」という違和感に変わっていきます。そんな違和感をどうしたら、自分が心地よい状態にできるかを考えてみてください。

先ほどの例でいうところの「束縛」だとしたら、束縛がなくなれば心地よい? 束縛の頻度? 束縛のやり方? きっといろいろあると思います。

もし難しかったら、こう考えてみてください。「付きあって○年のころが一番心地よかったな」と。そのときの彼を思いだしてみると「ヤキモチ程度だったな」とか「私の携帯を見られる前だったな」など、心地よかったときのことを思いだせるのではないでしょうか。

…こんなことを言うと「やっぱり昔みたいにならないといけないってことだ」と思うかもしれませんが、ここはあくまでも「心地よい状態」を自分目線で見た場合です。

ここから大切なのは、自分だけではなく「彼にとっても」心地よい状態になることです。

■自分だけではなく、相手も心地よくなるよう模索する
では、最後のポイントです。自分だけではなく相手も心地よくなるためには、どうしたら良いかを考えてみてください。

とはいっても、難しく考える必要ないんです。先ほどと同様に「束縛」を例にあげると、「ああ、私ったら疑われるようなことしちゃってたんだな」と思うだけでもいいんです。いままで考えたことがなかった視点に目を向けてみてください。

束縛される自分になったいま、単純に「重いんだよねぇ」ではなく、自分が心地よくなるために、彼に心地よくなってもらうという考えを付けくわえてみてください。

じつは私自身、過去に同じような経験があります。最初は必死に「付きあっていたころに…」なんて思っていましたが、大切なのは過去に戻ることではなく、未来をつくることだと思ったんです。

「自分が心地よくなる=彼も心地よくなる」。彼との倦怠期をむかえていると感じていたら、ぜひ試してみてくださいね!
 
 
 
(片瀬 萩乃)