Kirei Style(キレイスタイル)

なんでもない日がとびっきりの思い出に! 超簡単・外ごはんのすすめ

いよいよ外で過ごすのが気持ちのいい季節になってきました。ぽかぽか陽気に誘われて、海や山、川辺や公園へ。ひなたぼっこしに出かけるだけでも心は十分満たされるけれども、もしそこに「おいしいお伴」があるならば。だって、せっかくなら花も団子も、どちらも欲しい、ですよね?

もちろん、ポットにお茶と袋菓子を持っていくだけだって、それなりに楽しい。でも、その場で簡単につくれて、できたてを味わえれば、なおさらおいしく、もっと楽しくなる。それが本格的なアウトドアではなく、いつもの散歩の延長で取り入れられるほどの気軽さならば、やってみようって気になりませんか?

「外で食べる」という至極シンプルな行為が、こんなにもいい気分をもたらしてくれるのは、なぜでしょう。次の週末にでもすぐに取り入れられる、「なんてことないとっておき」の提案です。

道具
その気になればいくらでも凝れますが、まずはなるべく手軽に、極力シンプルに。今回は、アウトドア用のシングルガスバーナーシェラカップのみでできるメニューに限定しました。

【シェラカップ】
外ごはんのマストアイテム。直接火にかけられるので、鍋としても、食器としても使えます。

【シングルガスバーナー】
各アウトドアメーカーから携帯に便利なさまざまな商品が出ています。今回使ったのは、折り畳み式のバーナーヘッドをガスボンベに直接取り付けるタイプ。バーナーヘッドは約180gと軽量でコンパクト。

▼メニュー1:オニオングラタンスープ
バゲットとチーズを加えれば俄然レベルアップ&小腹も満たせます。フリーズドライや粉末のオニオンスープを使って簡単に。

<材料>
・オニオンスープ…1袋(フリーズドライや粉末状のもの)
・薄切りバゲット…1枚
・とけるチーズ…少々
・水…シェラカップ1杯分

<作り方>
シェラカップにオニオンスープと水を入れます。火にかけ、温まったらバゲットとチーズを加えます。チーズがとろりと溶けたらできあがり。

▼メニュー2:チョコフォンデュ
好きな食材をチョコがけに。あたりに漂うチョコの香りも相まってパーティ感が高まるメニューです。チョコにつけたい好きな食材を持ち寄るのも楽しそう。

<材料>
・板チョコ…2枚
・スキムミルク…大さじ3
・水…大さじ1
・バナナ、いちご、マシュマロ、ポテトチップス、バゲットなど

<作り方>
シェラカップに、溶けやすいように細かく砕いた板チョコ、水で溶いたスキムミルクを入れて弱火にかけます。チョコが溶けてきたら、好きな食材をつけて食べます。
※筆者撮影時は、ものぐさで直火でやっていますが、チョコが焦げやすいので、本来は湯煎がベターです。
※竹串やフォークなどがあると便利です。

▼メニュー3:カフェモカ
スターバックスヴィア®は、お湯を加えるだけのインスタントコーヒーながら、本格的な味を楽しめ、外ごはんの心強い味方。シンプルなコーヒーはもちろん、チョコフォンデュと共通の食材を使ってスペシャルなドリンクにもできます。

<材料>
・スターバックスヴィア®…1本(軽量&美味しいコーヒーならなんでもOK)
・スキムミルク…大さじ1
・水…少々
・板チョコ…1/3枚
・マシュマロ…1~2個

<作り方>
マシュマロを除くすべての材料をカップに入れ、火にかけて温めます。バーナーで軽く炙ったマシュマロを浮かべて、できあがり。甘みが足りない場合は砂糖を加えて。

以上はほんの一例でしたが、少ない道具と簡単な手順でどんなものがつくれるか、アイデアと工夫は考えだしたら尽きません。ぜひ、あなただけのメニューを編みだして、なんでもない日を「特別な外日和」に変えてください。

★火気厳禁の場所もあるので事前にご確認の上、おたのしみください

(野村美丘)