Kirei Style(キレイスタイル)

発汗、保温、保湿… 代謝アップで痩せやすい体に! キレイに導く入浴剤3選

30代後半になると、以前に比べて痩せにくくなったり、手や足の冷えを感じることが増えてきますよね。そんなときはゆっくりとお風呂に入って、体の代謝をあげてリラックスするのが一番です。今回は「発汗、保湿、保温」をテーマに、私が実際に愛用している「おすすめ入浴剤」をご紹介します。

発汗を促しミネラルも補給できる「エプソムソルト」

エプソムソルトとは、実は「塩」ではなく硫酸マグネシウムのこと。硫酸マグネシウムは、体内の酵素の働きを活発にして体を芯から温めてくれるため、代謝アップと発汗作用が期待できます。

私は月経前のむくみ、月経後の痩せやすい時期に、意識的にエプソムソルトを入れたお風呂で半身浴をしています。びっくりするくらい汗がでるのと、お風呂から出た後もぽかぽかが継続するので「代謝が悪く、なんとなく体が重たい」と感じている方におすすめです。

肩こり、疲れ、潤い不足には自然の力を!「華蜜恋」(KAMITSUREN)

デスクワークが多く、肩の筋肉が凝り固まっている方、オフィスのエアコンで乾燥してお肌がボロボロ… という方におすすめしたいのが、カモミールのエキスを凝縮させたカミツレエキス100%の入浴剤「華蜜恋」(KAMITSUREN)です。

発汗というよりも、全身のんびりリラックス保湿、そして疲れやコリをほぐしたいときにぴったりです。自然の成分なので、肌自体はさらっとしているのに、体のなかから潤っているような “優しい弾力” に包まれます。お風呂からあがった後も、すべすべしっとり・さらさらが続きます。

香りも心地よいので、ストレス解消&リラックスしたいときに。そして、肌の露出が増えるこれからの季節にも、しっかりと保湿してくれる入浴剤です。

老化の元、酸化を防ぐヒマラヤ岩塩「ルビーソルト」

硫黄のような独特の香りが特徴的な、ヒマラヤ岩塩のルビーソルトは、ミネラルが豊富。紫外線などでダメージを受けて酸化した肌を、酸化還元力で癒し、血行を促進してくれるといわれています。

お風呂にルビーソルトを入れたときは、顔にもピタピタとお湯をあてたり、フェイスマッサージもあわせてやってみてください。代謝アップや血流の改善、顔色もよくなるのでおすすめですよ。春先で寒暖差があるこの時期に、ぜひ試してみてください。

入浴後のお楽しみ
私は、しっかりと汗をかいた入浴後には、必ず保湿効果抜群の「フェイスパック」を取り入れています。おすすめのパックをいくつかご紹介しましょう。そのときの肌の状況にあわせて取り入れてみてください。

・SKINFOOD 五味子パック(写真右)
保湿効果が抜群です。汗だし半身浴後にこのパックをすれば無敵の赤ちゃん肌になれるかも。特別な日のためのスペシャルケアにぜひ。

・NATURE REPUBLIC かたつむりパック(写真中央)
特にパーンとした “ハリ” が欲しいときに使っています。

・SKINFOOD キャビアパック(写真左)
コラーゲン配合なので、保湿とハリが欲しいときに。

なんとなく体の調子が悪い、血流が悪いなと感じたら、まずはゆっくりと湯船に浸かってリラックス&デトックスすること。そして、入浴剤をうまく利用し、代謝をあげて「痩せやすい体作り」をめざしましょう。

ご紹介したアイテム/
・エプソムソルト
http://epsomsalt.jp/

・華蜜恋(‘KAMITSUREN)
http://www.kamitsure.co.jp/

・ROSEBAY
http://rosebay.jp/

・SKINFOOD
https://www.skinfood.co.jp/

・NATURE REPUBLIC
http://nature-republic.jp/
(豊島サナエ)