WWO-Woman Welleness Online-

「結婚したいのに、出会いがない」と嘆く女性にありがちな勘違い4つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

「結婚したいのに、なかなか出会いがない!」と焦っていませんか?

そんな女性の中には、結婚に対して勘違いをしている人がいます。考え方ひとつ変えるだけでうまくいくのに……もったいないですよね。

そこで今回は、女のしあわせ研究家の筆者が、結婚に対して女性が“勘違いしがち”な4つコトをご紹介します。

 

■1:もっといい人がいるはず

目の前に気になる男性がいても、「もっと条件の良い人がいるかも」と思ってしまう人がいます。せっかく縁があるかもしれないのに、見逃してしまうなんてもったいないですね。

もしかして、あなたにとっての結婚が“親や周りから評価されるためするもの”になってしまっていませんか?

幸せな結婚は、人の評価で決まるものではありません。自分がどれだけ愛し、愛されるかで決まるものなのです。

 

■2:恋愛結婚じゃなきゃダメ

「お見合いはちょっと……」と言う女性の声をよく聞きますが、恋愛結婚のためには“人を見る目”が必要なのです。

相手が独身かどうか、結婚願望があるかどうか、将来性があるかどうか、本命として愛してくれるか……など、恋愛から結婚という土俵に乗せるまで“自分”の努力で見極め、確認しなければなりません。

しかし、お見合いなら、事前にそういった情報がある程度そろえられています。「実は恋愛上手じゃない」「仕事と婚活を両立出来ない」という人は、お見合いに対する思い込みを解消した方がパートナーと出会える確率が高くなるでしょう。

 

■3:アプローチは男性から

昔はそうかもしれませんが、今は逆のことも多いのではないでしょうか。

“女性の方が積極的なんて品がない”といった親世代の価値観を鵜呑みにしてしまうと、どんどん婚期が遅れてしまうかもしれません。

やはり、気になるという人が現れたら自分からアプローチをかけてみるといいでしょう。男性もきっとうれしいはずですよ。

 

■4:「結婚したい」という気持ち

「結婚したい!」と頻繁に言うわりには、まったく行動を起こさない人がいます。

そんな人の中には、「男性が苦手」「今の生活を変えたくない」など、「結婚は根本的に無理でしょう」と思える理由が出てきたりすることも。

「親がうるさいから」「結婚した人が幸せそうだから」という理由だけで結婚しようと思っているのなら、一度考え直してみてください。

まずは、「私ホントはどうしたいの?」と、自分のココロに聞いてみましょう。

 

いかがですか?「当てはまるかも……」という人は、もう一度結婚について考え直してみましょう。実際に、考え方をちょっと変えただけでベストパートナーに出会えた女性もいます。

結婚への近道は、“周りの意見に振り回されない”こと。あなたらしくパートナー選びをしてくださいね。

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Max kegfire / shutterstock

【関連記事】

悩まなくていい!「子どもを望まない女性」に知ってほしい3つのコト

もう一度、恋したい…「夫婦のすれ違い」を修復する4つのヒント

いつまで続ける?実は結婚したい「仕事only女子」が出す3つのサイン

チラコイドバナー5

音楽教室バナー②