It Mama

食べグセを付けると将来に影響も… 「子どもとファーストフード」の適度な付き合い方

source:https://pixta.jp/

“子どもは大好き!でも、ママとしては食べさせて良いのかちょっと不安”なファーストフード。むやみに禁止するのではなく、上手に付き合う取り入れ方で楽しむことで、子どもの健やかな成長を促すことができますよ。

今日は幼児期のママが悩みがちな“ファーストフードとの上手な付き合い方”についてご紹介します。

 

■ファーストフードは食べさせても良い!?

そば・うどんやハンバーガー、牛丼、フライドチキンなどのファーストフードは、豊富なエネルギーと塩分を摂取できる一方で、糖質(炭水化物)と脂質に栄養素が偏り、成長に必要なたんぱく質やビタミン・ミネラル類が不足しやすい傾向があります。

つまり、身体を動かすためのエネルギーは十分すぎるほど摂取できるけれど、骨や筋肉の成長に必要な栄養素が欠如してしまうということ。こういった意味で、身体の成長が著しい幼児期の子どもにファーストフードを与える際には“注意”が必要なのです。

 

■栄養バランスも考えたファーストフードとの上手な付き合い方

とはいえ、「ファーストフードはダメ!」と完全に禁止することは難しいことと思います。工夫次第で栄養バランスを整えることは可能ですので、次の3つのポイントを押さえて、上手にファーストフードと付き合いましょう。

 

(1)他の食事で栄養バランスを整える

ファーストフードでは、野菜や果物、海藻類から摂取できる“ビタミン・ミネラル類”や、肉や魚などから摂取できる“たんぱく質”が不足しがち。

一方で、糖質や脂質、塩分はたくさん摂取してしまいますから、その日の他の食事や、翌日以降の食事内容を工夫して、栄養バランスを整えるようにしましょう。ファーストフードを食べた後は薄味の食事を心がけ、たっぷりの野菜や良質なたんぱく質を取り入れましょう。