Woman.excite

働くママは掃除が苦手? 自動化できない「要時間」家事のナンバーワンは

© beeboys – Fotolia.com

家事時間をどうやりくりするか、考えたことはありませんか? どうにか短縮したいけれど、清潔さは保ちたいし、居心地のいい空間は維持したい…。そんな相反する思いを抱きながら、世のママたちはさまざまな悩みを抱えているようです。

■苦手な家事ナンバーワンは掃除! 理由は「時間がないから」

苦手と感じる家事

プレスリリースより

このたび、家事支援サービス「casial.(カジアル)」を運営する株式会社リクルートスタッフィングは子どもを持つ働く女性444名を対象にアンケートを行いました。そこで明らかになったのは日常的な家事に関するお悩みとその実情です。「苦手だと感じる家事」について行われたアンケートで37.8%を獲得し、1位となったのは「掃除」。次いで「アイロンがけ」が37.4%、「料理」が24.5%という結果となりました。

今年小学校に入学した息子を持つ私自身もダントツで掃除が苦手です。ほこりを払い、隅から隅まで掃除機をかけ、床の汚れを水拭きして…。この一連の流れが単純に面倒なこともあり、掃除の前にはため息をついてしまうこともあります。

乾燥までお任せの全自動洗濯機や食洗機の登場で、家事の負担がだいぶ減っているのも事実ですが、細かい掃除やアイロンがけはどうしても手作業になってしまいます。時間もかかる上、小さな子どもがいると、はかどらないことも。こうした事情もママが「掃除」に苦手意識を持つ理由になっているのかもしれません。

■ママの自由時間は平日も休日も2時間未満が多い!?

平日・休日の自由時間

プレスリリースより

「趣味やプライベートなど自分のために使える自由時間」についてのアンケートでは、80.6%の人が平日は「2時間未満」と答えています。また、休日の自由時間についても61.8%の人が同じく「2時間未満」と答えており、休日だからといって自由時間が大きく増えるママばかりではないことがわかりました。

平日にこなせなかった家事を週末にすべて片付けるなど、自由時間を満足に確保できていない働くママは少なくないようです。

■空いた時間は「子どもに使いたい」20代が多い!

自由時間を使いたい相手

プレスリリースより

「家事支援サービスを利用するとしたら、空いた時間を誰のために使いたいですか?」というアンケートでは全体の68.4%が「自分」と答える一方、20代のママは47.1%が「子ども」と答えており、高い数字となっています。

初めての体験が多い小さなうちは、そばにいていつも見守ってあげたいものですよね。若い世代は子どもが小さいときほど、子どものために時間を使いたいと考えている人が多いようです。

毎日の家事を完璧にこなそうと思えば思うほど、追いつめられてしまうことがあります。快適な住空間を保つことも大事ですが、ママ自身の心と体にも「自由時間」は必要です。

家事の負担を軽くするだけでなく、ママがいつも笑顔でいられるように気軽に家事支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。現在は選べるくらいサービスの種類も豊富になっています。価格や家事の内容、ワーカーさんのプロフィールなどを吟味し、自分の希望を叶えてくれそうな会社のサービスをぜひ利用してみてくださいね。
(すだ あゆみ)