Woman.excite

2016年春夏に大注目! オーガニックカラーを使った旬の“デキる女”コーデ

ナチュラルムードがトレンドの2016年春夏は、オリーブグリーン、エクリュ、キャメルなど自然界を連想されるオーガニックカラーが大注目されています。

© ponte.jpn.com – eri.khtn

春らしいパステルもいいけど、今春はトレンドに乗っかって“デキる女”に変身してみるのもよさそうです。飾らないし気取らない、それでいて女っぷりの上がる、旬のオーガニックコーデとポイントをご紹介します!

■トレンド素材を使って差をつける

JZプリーツ/SK/INGNI ¥3,564 レザージャケット/Mila Owen ¥41,040 © ponte.jpn.com

シフォンやレースなどトレンド素材を使い、フリュイドラインを意識。ボディに沿う、しなやかな素材が女っぷりを上げてくれます。

オーガニックカラーをワントーンでまとめたところもコーデのポイント。ヌーディのワントーンで、ぼやっとさせないコツはアウターの素材。ブルゾンやレザーなど、やわらか素材とは逆のハード素材で全体を引きしめて。

■カーキはワンピ×レザーでオトナかっこよく

BARBA 八分袖比翼シャツワンピース/UNTITLED ¥11,988、レザージャケット/Mila Owen ¥41,040 © ponte.jpn.com

ポイントは、シンプルだけどデザインや素材は少し凝ったものを選ぶこと。レザーがかっちりしているのに反して、ワンピは女性らしいものをチョイスするといいでしょう。

画像のワンピは丸みを持たせてカットした裾ですが、旬のビッグフレアでもOK。レザーのジャケットでメリハリのある美人スタイルに仕上がります。

■素材もオーガニックが上級テク

リネンシャツ/Mila Owen ¥8,424、リネンデニムパンツ/anatelier ¥15,120 © ponte.jpn.com

リネンやコットンなど、素材もオーガニックでナチュラルなものを取りいれるのが今年流。清潔感あふれる、洗練されたワンランク上のオトナなコーデがかないます。

シャツは少しを大きめをチョイスするのがポイント。襟を後ろに引きさげた「襟抜き」で、こなれた印象を演出することも忘れずに。

パンツは足首をのぞかせるくらいの「クロップド丈」がおすすめ。裾に向かって細くなるテーパードタイプなら、ヒップ周りが気になる方もスタイルアップに。サンダルを白スニーカーにチェンジしても◎です。

■チャレンジカラーでこなれ感

2WAY カシュクールリブニット/ADAM ET ROPE FEMME ¥16,200、(GU)イージーハイウエストボリュームパンツ/ GU ¥2,149 © ponte.jpn.com

少しレンガっぽく、コニャックっぽい赤みがかったブラウン。オーガニックカラーでも少し使いづらい? 目立つ? と懸念しそうなカラーですが、そんなことはありません。このカラーを1点投入するだけで一気にデキる大人コーデが完成します。

相性抜群なのはネイビーやデニム。参考コーデのアイテムは、カーディガンとしても、前に長い部分をインしてカシュクールにしても使える個性あふれる2WAYタイプ。インパクトカラーのアイテムでも、バリエーションがあれば、着こなしの幅も広がります。

合わせる素材やカラーによって印象が変わるオーガニックカラー。今日はかっこよく、今日は女性らしくなど、さまざまな自分を演出できそうです。

<掲載商品>
・JZプリーツ/SK/INGNI
・レザージャケット/Mila Owen
・BARBA 八分袖比翼シャツワンピース
・レザージャケット/Mila Owen
・リネンシャツ/Mila Owen
・リネンデニムパンツ/anatelier
・2WAY カシュクールリブニット/ADAM ET ROPE FEMME
・(GU)イージーハイウエストボリュームパンツ/ GU

※取材協力:PONTE編集部