Woman.excite

結婚後も男友達とうまくつきあうために心得たいこと

お互いにやましい気持ちはなくても、結婚すると男友達とはつきあいにくくなります。だからといって、大切な友だちと疎遠になるのは悲しいですよね。どうすればうまくつきあっていけるのでしょうか。

(c) Monet – Fotolia.com

■夫に男友達の存在を明かす
学生時代から仲の良いグループに、男友達が含まれていることは珍しくありません。結婚後はふたりきりで会うことがなくても、個人的に連絡をとる機会はありますよね。

しかし、妻が自分の見知らぬ男と仲良くしていたら嫌がるのではないでしょうか。いくら学生時代の友だちと説明しても、後からそれがわかるのは男としてはおもしろくないようです。

結婚後もつきあいが続いている男友達がいるなら、早い段階で夫に紹介してしまいましょう。もちろん、ほかの友だちも一緒に。

自宅に招いて顔を合わせてもらうのが一番ですが、写真を見せたりして仲の良いグループに男友達もいることを知らせておくのも効果的。夫を不安にさせないことが重要です。

■男友達との交流はオープンに
夫が相手のことを知っても、こっそりやり取りするのは避けたほうがいいでしょう。メールやLINEをするときには、どのような用事で連絡をとるのか、さりげなく夫に話しておくのがベター。理由がわかっていれば、安心してくれるものです。

SNSでの交流も、できればオープンにしたいですね。ふとした拍子に不安になった夫がこっそりスマホをチェックしたときに、男友達とのやりとりを見てしまったら、浮気を疑うことだって考えられます。

また、妻が自分以外の男と楽しそうにしている姿は、誰だって見たくないものです。たとえ、夫が男友達と仲良くなっていたとしても、昔の思い出をうれしそうに話すのはマナー違反です。

■相談を受けているときにはどうすればいい?
恋愛や結婚について、男友達から相談を受けるケースもあります。その場合も夫に報告したほうがいいですね。

しかし、男友達のパートナーの話はしてもいいのですが、頻繁に相談されていると思わせないようにしましょう。恋愛相談から恋心が芽生えることもあるので、男友達が妻を狙っているのでは? と、勘違いするかもしれません。

単なる友だちとはいえ、結婚後は男友達との付き合い方を考えたほうがいいですね。ちょっと面倒ですが、これも家庭円満のため。自分の置かれている立場を意識することが、トラブル回避にもつながるはずです。
 
 
(藤井蒼)