Woman.excite

ながら美容さえ面倒…それなら! 意識するだけの“井戸端会議エクササイズ”

分刻みのスケジュールをこなす毎日。自分の美容時間なんて、とっくに忘れました。だけど本当はキレイでいたい…。

そこで取り入れたのが、職場の同僚や友達とのおしゃべり中にできる、フェイシャルエクササイズです。

(c) Viacheslav Iakobchuk – Fotolia.com

ポイントは、誰にも気づかれずにできるところ。

社交辞令のオンパレードな“井戸端会議タイム”に取り入れれば、ゆううつな時間も自分磨きの貴重なひとときに早変わり!

意識するのは、顔の3カ所。

1. 自撮りアイ
自撮りするとき、意識的に目を大きく見開くと思います。あの感じを、会話中も意識します。

周りに気づかれるほど大げさにしなくても大丈夫。意識して少し緊張させているだけで、目の周りの筋肉が鍛えられ、たるみ防止になります。

2. おでこロック
笑うときや目を見開くときに額を動かさないようにすると、ミミズのような横ジワ防止になります。

これを日頃から意識しておくと、10年後も太いミミズを飼うことなく、おでこを出したヘアスタイルが堂々と楽しめます。

これも、おでこに意識をよせるだけ。おでこのシワがないだけで、見た目が若く、美しく見えます。

3. モデル口角
しゃべる時は、口角を上げる意識をします。お手本は雑誌のなかで笑うモデルさん。表情筋が鍛えられ、引き締まった顔立ちに見えます。

この3ポイントを意識しておしゃべりすると、必然的に表情が明るくなります。

人柄の印象までよりよく、輝いて見えるらしく、「最近キラキラしてるね。いいことあった?」なんて言われることも、しばしばあります。

手間ひまかけず、お金もかけず、おしゃべり中にひとりでコッソリ美しく。そんな、誰にも迷惑をかけないヒミツを持つ刺激も、エクササイズをながく続けるコツになっています。
 
 
(力武亜矢)