Woman.excite

“第3の愛の記念日” に、笑顔になれる「自販機」が渋谷に出現! 

4月も半ばとなりました。新生活スタートと同時に、目の前に迫ってくるのが「ゴールデンウィーク」という次なる壁。忙しいママたちにとって連休は「本当に休める」わけではありませんよね。山積みの to doリストと戦う慌ただしい日々が続いてしまうと、ついつい笑顔も忘れがちに。

かくいう編集部スタッフSも眉間に皺をよせながら、足早に渋谷の街を駆け抜けていたところ、おもしろい自販機を発見しました。“笑顔の糖度(甘さ)を感知する自販機” 「サンキストオレンジ・スマイル自動販売機」です。

自販機に設置されたカメラに笑顔を向けると、その “笑顔度数” によって果物のオレンジがいくつも出てくるというユニークなもの。(スマイル糖度の感知は、なんと自販機の中に実際に人が入っており、人の目で判定! 本日限りの特別な自販機なのだそう)

巨大な自販機に向かって、次々にみんながスマイル。学生や親子連れ、シニアのカップルや旅行者たちもみんなが笑顔に。なにやらほっこりとさせられた光景でした。


たくさんの方が渋谷のど真ん中で仲良く“にっこり” としていた本日4月14日は、「オレンジデー」といいます。2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーに続いて2人の愛を確かめ合う第3の愛の記念日として制定されているのだそう。

オレンジの花言葉は“愛” や “結婚式の祝宴” で、愛情のシンボルとして親しまれています。誰からも好かれ、なぜか元気がでてくる不思議な色ですが、爽やかな香りにもリフレッシュ効果があります。リビングやダイニングテーブルに置いておくだけで、家族全員の気分が安らぐかもしれませんね。

お子さんを叱ったり、旦那さまにイライラしてしまったり、思うようにいかない自分に落ち込んでため息をついたり。そんな「笑顔」がちょっと少なかった日には、爽やかな香りでリフレッシュできる「オレンジ」で “スマイル” を取り戻してみましょう。
 
 
(ウーマンエキサイト編集部)