Woman.excite

ちょっと疲れたなと感じる妻たちへ 感慨深い結婚にまつわる名言集7選

楽しいことばかりじゃない結婚生活、たまには1人でゆっくり考えたいときもあるでしょう。でも、相手がいると、なかなかそうはいかないもの。

だからこそストレスだって溜まるし、行き詰まることだって…。そんなとき、ふと独身時代の自分を思い出して、「あの頃は良かったなぁ…」と思うことがあるかもしれません。

今回は、そんな「ちょっと疲れたな」と感じる妻たちに向けて、著名人が残した結婚にまつわる名言をご紹介します。

もしかしたら、そのなかのひとつが、あなたのライフスタイルを支える教訓になるかもしれませんよ。

■心から人を愛そうとしなかった…

私はこれまでの人生でずっと、「私は愛されない人間なんだ」と思ってきたの。
でも私の人生にはそれよりもっと悪いことがあったと初めて気がついたの。
私自身、心から人を愛そうとしなかったのよ。

 

■これまで見たものの中で、もっとも美しかったのは…

結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。
これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。

 

■愛されることより理解されることより

愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを。

 

 
 

■傷つくことを恐れず当たって砕けろ

完全な男を求めるのは、身のほど知らず。
自分に欠点があるように、相手にも欠点がある。
傷つくことを恐れず当たって砕けろ。

 

■恋とは…愛とは…

恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの。

 

■愛は、ともに同じ方向を…

愛は、お互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

 

■要するに、まだ一流ではないってこと

いばる男の人って、要するに、まだ一流ではないってことなのよ

 

意味を知ろうとすればするほど、感慨深いメッセージではないでしょうか。とくに、最後のヘップバーンの言葉には、彼女の器の大きさが現れていて素敵です。

ちょっと疲れたなと感じたとき、そういえばこんな言葉があったな…と思い出してみてはいかがでしょうか。あなたの疲れた心を、ちょっと軽くしてくれるかもしれませんよ。