Woman.excite

ハンドプレス派? コットン派? 化粧水の効果的なつけ方とは?

働くママは忙しく、自分のスキンケアにはあまり時間をかけられないもの。少しでも手軽で効果的な方法を覚えておきたいところですが、化粧水はハンドプレスとコットン、どちらのほうがいいのでしょうか? それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

© WavebreakmediaMicro – Fotolia.com

ハンドプレスのメリット・デメリット
手に化粧水をつけるハンドプレスは、コットンと比べると刺激が少ないのが特徴です。肌に直接ふれることで状態を確認することもできるし、そのときの状況に応じて化粧水の量を調節しやすいというメリットも。

また、コットンを使わないことで美容費を節約できることやゴミの削減、手のぬくもりによる浸透効果、リラックス効果もあげられます。

ただし、手を清潔にしておかないと雑菌が肌に付着してしまうリスクもあるので要注意。指をケガして絆創膏をつけている場合、顔を傷つけてしまうこともあるので気をつけたいところです。

ほかにも、しっかり浸透させるには時間がかかることや、顔の凹凸部分に塗りムラができやすいことがデメリットだといわれています。
 
 

コットンのメリット・デメリット
一方のコットンは、顔の隅々まで化粧品を塗布しやすいというメリットが。化粧水をたっぷり浸してパックのように使うこともできるし、角質のふき取りにも使用できます。パックとして使う場合は、浸透させているあいだにほかのこともできるので、忙しいママには大助かり。

しかし、パッティングするときに力を入れてしまいやすく、これが刺激や色素沈着の原因になるのだとか。また、敏感肌の人はコットンそのものが刺激になってしまうこともあるようです。

使用アイテムや利用シーンに合わせて使い分ける
結局どちらを選べばいいか悩むところですが、必ずしも「こっちがいい!」とは言い切れないのが難しいところ。困ったときには、使用するアイテムの説明書に従うのがベターです。

各メーカーは、それぞれの利用シーンを想定した処方で化粧品を作成しています。ハンドプレスを推奨する場合は、手のぬくもりを生かすことを前提としていることもあるので、その通りにしたほうがより効果を期待できるでしょう。

「コットンまたは手で」というように、どちらでもOKととれる表現が使われている場合は、好きなほうでいいようです。ただ、敏感肌の場合は、手を使うことを推奨するケースがよく見られます。

もちろん、併用することもOKです。乾燥が気になる場合はコットンパックで集中的にケアし、疲れた日にはハンドプレスでじっくり癒やしながらお手入れする。それぞれのメリット・デメリットを覚えておけば、利用シーンに合わせて最適なケアを選べるのではないでしょうか。
 
 
(丸部りぃ)