WWO-Woman Welleness Online-

吉田羊だけじゃない!「年下男子に選ばれる」アラサー女性の特徴3つ

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

吉田羊さんがジャニーズの20歳年下の男性とお付き合いされているということが話題になりましたが、一般人でもアラサー以上の女性となると、年下の男性も恋愛対象になることは多いですよね。

5,200件以上の恋愛相談を受けてきた筆者は、年下の男性とご縁があっても、うまくいくタイプとには特徴があると感じています。

「吉田羊さんは、キレイだからうまくいくんでしょ?」と思う人もいるかもしれません。たしかにそれもあるでしょう。しかし、実際のところ美しさは「○歳にしてはキレイかも」と思われる程度で充分。年下の男性を惹きつけるのは、外面の美しさだけではありません。むしろ、内面的なものが重要なのです。

そこで今回は、恋愛コンサルタントの筆者が、年下男性に選ばれる女性の特徴を3つご紹介します。

 

■1:感情を素直に表現する

男「何を怒っているの?」

女「何でもない!(このくらい、彼氏なんだから察してよ!)」

相手に構ってもらいたいがためにこのような駆け引きを行う女性は多いですが、年下の男性に対してはやめておいた方がいいでしょう。なぜなら、彼らにはわからないから。経験豊富な男性であれば、ある程度気持ちを察することもできるかもしれません。しかし、まだまだ恋愛経験も少ない彼らは、そこまで女心に詳しいわけではないのです。

それよりも「こういう時は『大好きだよ』って言ってもらうと、大切にされている気がするの」、「私は、○○よりも××が好きなんだよね」など、“お願い”という形で自分の気持ちを素直に表現する方がいいでしょう。

男性は“好きな女性の望みを叶えたい”という気持ちがあります。好きな女性が年上だろうと年下だろうとそれは同じことですから、ストレートに言う方が相手に伝わりやすく、あなたの望みも叶えてもらいやすくなるはずです。

 

■2:「会話の間」を待つことができる

女「あなたはどう思っているの?」

男「……」

このようなやりとりになる場合、男性は考えていないわけではなく“考えている”のです。

ただ、自分の考えていることをうまく“言葉にする”ことができず、会話や決断のテンポが悪くなってしまうのです。特に、男性は自分の感情を説明するのが苦手ですから。

そういう場合も、「どうしたいの?」と相手に詰め寄ることなく、相手が結論を出すのを待つことができる女性の方が年下男性と長く続きやすいでしょう。

一緒にいて必要以上に男性に気を遣わせることがなく“ラク”であることがポイントなのです。

 

■3:外見の男らしさより「価値観が合うこと」を重視する

当たり前のことですが“女性は若い方がいい”という考えがある男性は、相手にしないこと。そういう人は「女は言うことを聞いてほしい」という考えですので、年上女性と対等なパートナーシップを築くのは難しいのです。

年齢を重ねた経験値や包容力をもった女性を素敵だと思ってくれる男性は、パっとみた感じ男らしさに欠けるところがあるかもしれません。デートの店を決めていなかったり、割り勘だったり……。

彼の収入が低い場合、一緒に暮らしてもあなたが生活費を負担することは、避けられないかもしれません。しかし、年下男性は付き合うと案外こちらの話も聞いてくれて、なかなかいい彼氏になることが多いものですよ。

 

対等なパートナーシップを築くことのできる男性の良さに気づくことが、年下男性とうまくいくコツなのでしょう。

【筆者略歴】

橘つぐみ ・・・ 恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。

【画像】

※ baranq / shutterstock

【関連記事】

※ アナタはどう?出世する男性が本命に「選ばない」オンナの特徴

※ これって付き合ってるの?自分が「本命かどうか見分ける」2つの方法

※ 口には出さないけど…実は「彼がうんざりする」オンナの行動3つ

※ まだ使ってないの?「携帯料金を安くする」カンタンすぎる方法 [PR]

※ ほうれい線で11歳も老け顔に!? 「お疲れ肌」の救世主アイテム [PR]