Woman.excite

副作用を招くことも! 薬と一緒に摂ると危険な食材

子どもが風邪をひいたとき、ジュースなどと一緒に薬を飲ませていませんか? 薬は病気を治すものですが、使用法を正しく理解しておかないと危険な目に遭うことがあります。とくに一緒に摂ると危険な食材は覚えておきたいところ。自分の健康管理はもちろん、子どもや家族のカラダを守るのもママの役目です。

© amelaxa – Fotolia.com

牛乳・乳製品
抗生物質のなかには、牛乳や乳製品と一緒に飲むことで効果が薄れてしまうものがあります。これは乳製品に含まれるカルシウムと薬の成分が反応することで、吸収を妨げてしまうから。ミネラルウォーターのような鉄分の多いものも注意が必要です。

便秘薬と牛乳を一緒に飲むことも、効果が薄れたり副作用があらわれたりするのでNG。子どもの体調がすぐれないとヨーグルトなどの食べやすい乳製品を与えがちですが、これらの食品を摂った場合は、1時間以上たってから薬を飲むようにするといいそうです。
 
 

コーヒー・お茶類
風邪薬の中には、服用後に眠気が生じるものもあります。そのためか、眠気解消のためにコーヒーと一緒に飲む人もいるようですが、これが頭痛の原因になることがあるのです。風邪薬にはカフェインが含まれているものもあるので、過剰摂取になってしまうことが原因とのこと。

また、風邪をひいたときに栄養ドリンクを飲むこともありますが、これにもカフェインが含まれていることが多いです。カフェインはほかにも、胃腸薬などの効果を強めてしまうことがあります。

日本茶や紅茶にもカフェインが含まれているので気を付けて。また、お茶類に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を妨げることもあるそう。最近では鉄剤と併用しても影響がないという説もありますが、避けたほうが無難です。

グレープフルーツ
グレープフルーツはさっぱりしているので、体調が悪いときにも食べやすいですよね。しかし、飲み合わせがよくない薬が多いことで知られています。

花粉症などの抗アレルギー薬や降圧剤、高脂血症などの薬とともに摂ると、薬が効きすぎてしまうのだとか。ジュースなどで一緒に飲まなかったとしても、グレープフルーツを摂ってから1日以上も影響することがあるので、これらの薬を服用しているときには避けるようにしたいですね。

体を良くするために薬を飲んでいるのに、飲み合わせによって危険な目に遭うのは本末転倒。子どもが薬を嫌がるときには、ゼリー状のオブラートを使用したり、きちんと飲めたらご褒美をあげたりして、苦手意識をなくしてあげることから始めてはいかがでしょうか。
 
 
(丸部りぃ)