Woman.excite

そのひとことに夫はイライラ! 夫婦ゲンカの火種となるフレーズ

“ケンカするほど仲がいい”という言葉もありますが、実際のところ“不要な言いあらそい”もあります。つまり、関係を悪くするケンカです。

© lightwavemedia – Fotolia.com

大した理由もないのに、ささいなひとことがきっかけで言いあらそうのは好ましくありません。相手に不信感を与えてしまい、夫婦の間に溝を生む原因となるからです。

今回は、夫婦ゲンカの火種になりかねない妻のひとことをご紹介したいと思います。

「言わなくてもわかるでしょ!」
男性は、鈍感で察しの悪い生きもの。女性のように、雰囲気や感情で相手の気持ちを読みとる能力に長けていません。

根本的に男性と女性では脳のメカニズムがちがうため、すれちがうことも多々あります。だから、「これくらい、言わなくてもわかるでしょ?」と思うことも、旦那さんには通用しないんです。

「言ってくれないとわからない」それが男です。面倒くさくても説明してあげるくらいの気持ちで接したほうが無難です。

「私と○○、どっちが大事なの?」
男性が女性に言われたくないフレーズとして、代表的なのがこちら。たとえば、「会社と私どっちが大事なの?」「飲み会ばっかり! 私よりも友だちが大事なの?」など、ついつい言ってしまったことがある人もいることでしょう。

ひとまず落ちついて、「たまには私の相手もしてね!」と言いかえて、旦那さんの反応をうかがってみる方が得策です。

悪循環にならないために
一緒に暮らしていれば喧嘩もするでしょう。しかし、つい感情的になって発したひとことが、大きなトラブルに発展することだってあります。

たとえば、今回ご紹介した2つのフレーズもそうです。ストレートに感情をぶつけてしまうと、いらぬ夫婦ゲンカを招いてしまいます。そうした状態が続けば、夫は困惑し、妻はイライラがたまるという意味のない悪循環を生むだけです。

「男性は鈍感な生き物だ」「脳のメカニズムが自分とはちがう」と心得ていれば、女性側に余裕が生まれるというもの。その方が、うまくいくのかもしれません。