Woman.excite

週末は台湾へ。台北から日帰りでイルカウォッチングに行こう!

台北から日帰りで行ける宜蘭(イーラン)県は、クジラやイルカウォッチングの名所。春から秋にかけて、連日ホエールウォッチングツアーが催行されています。しかも、高い確率でイルカやクジラをみることができると大人気です。

中華民国交通部観光局 撮影:游福蓮

大都会の台北も楽しいけれど、ときには台北郊外へ足を運んでみるのもいいものです。お決まりの観光コースにはない、台湾の意外な魅力に触れることができますよ。

■台湾東北部の美しい海岸線に生息するイルカたち
宜蘭県は、太平洋に面した台湾東北部にあります。台北から高速バスまたは鉄道で約1時間半。そのため、台北っ子たちに人気の行楽地となっています。

クルーズ船によるホエールウォッチングツアーが催行されているのは、なだらかな内湾に面した鳥石港(ウーシーガン)。ここは台湾3大漁港のひとつで、豊富な漁獲量を誇ります。豊かな漁場はイルカやクジラたちにとっても恵まれたエサ場です。黒潮にのってやってくる魚たちを追って、彼らが漁港沖まで姿をあらわします。

このあたりの沖合には約20種類近くのイルカが生息しているといわれ、ツアークルーズで彼らと遭遇する確率は約8割以上と、かなり高い確率です。

■あいきょうたっぷりのハシナガイルカの姿も
クルーズ船によるホエールウォッチングツアーは、3月から11月ごろまで。悪天候でないかぎり鳥石港から毎日数回出航しています。

ツアーは最初に亀山島という、その名の通りカメの形をした火山島の周囲をまわります。島の沖合には世界でも数少ない海底温泉が湧いているので、海面がブクブクと泡だった珍しい光景を目にできます。

イルカ

順調に航行していたツアー船がゆっくりと停止したら、イルカやクジラが近くにいる証拠。彼らと遭遇すると中国語の船内放送が流されます。言葉がわからなくても、乗客たちの目線を追えば大丈夫。歓声の先にはハシナガイルカが愛嬌たっぷりにジャンプをしていることでしょう。

■たっぷり2時間強のクルーズツアー、酔いどめは必携
「ホエールウォッチングツアー」という名称にもかかわらず、実際はクジラよりもイルカのほうを多く目撃します。イルカたちもツアー船には慣れっこのようで、船の下から突然すがたをあらわして乗客を驚かせることも。その姿は、とてもオチャメです。

クルーズ船

一方、クジラのほうはめったに姿をあらわさないか、あらわれても小型のオキゴンドウが多いようです。そのため、遭遇してもイルカとかんちがいしてしまうことも。

ツアーのクルーズ時間は約2時間ちょっと。その日の天候や海の状態で所要時間が大はばに伸びることもあります。また、大きく揺れることもあるので、乗船前に酔いどめの薬を飲むと安心です。

■新鮮な魚介やユニークな博物館も魅力
ホエールウォッチングツアーのあとは、鳥石港にある魚市場に寄ってみましょう。購入した新鮮な魚介を近くのレストランに持っていくと、好みの調理法で料理してもらえます。味つけは比較的薄めなので、日本人の舌にもあうはず。

鳥石港には、ほかにも名物があります。個性的なモダン建築の蘭陽(ランヤン)博物館です。ガラス壁にアルミや石板をななめに取りつけているので、ドアや空間がかたむいているような錯覚を起こします。

エントランスホールなどガラスの吹き抜けになっている部分では、よりななめ感覚が強調されて体感できるので、時間があればぜひ見学して。館内では、郷土の自然や歴史に関する興味深い展示が見られます。

入館しなくても、ユニークなオブジェのある庭園を歩いたり、カフェでくつろぐこともできますよ。

鳥石港へは台北中心部から直行バスも運行されています。わずか1時間半のショートトリップで、台湾屈指の美しい海とおいしい料理、何よりかわいいイルカたちに癒やされます。家族旅行はもちろん、日常を忘れてリフレッシュしたいときにも最適ですね。
 
 
 
(本田 らじゃこ)