Woman.excite

アロマを使って、自分流にアレンジしてもよし! 疲れた心を癒やす森林浴のススメ

春は、あたたかな日射しと、穏やかな気候が楽しめる季節。しかし、その反面、春ウツという言葉もあります。気温の変化や新しい環境のなかで、知らず知らずのうちにストレスをためこみ、体調不良を感じる時期でもあります。

© taka – Fotolia.com

そんな不調を太陽と緑のパワーで和らげるべく、森林浴のよさと楽しみ方について紹介します。

■森林浴って何?
緑は調和を表し、緊張感を緩和する色とされています。その緑を体で味わえるスポットといえばずばり、森林! 木々が優しく風にそよぎ、太陽の光がふり注ぐ光景を想像するだけで、穏やかな気持ちになるのではないでしょうか。

森林セラピーという言葉があるように、緑と日射しの相乗作用により、癒やされ、リラックスできるそうです。風の音や小鳥のさえずりなどもプラスに作用するとか。日常の慌ただしさから心が解きはなたれ、自然を満喫できることでしょう。体が気持よいと感じることで、自律神経のバランスも整うといわれています。

健康を保つためには、ストレスや体調、病気にも影響する自律神経をよい状態に保つのがベスト。心が解放されくつろげる森林浴を定期的に取りいれたいものです。

■近くの公園やレジャーを伴う森林浴を
ストレス緩和が期待できる森林浴ですが、時間がないときには近くの公園を利用しましょう。できれば、朝の時間帯に出かけ、ウォーキングなどをするなりして少しの時間でも体を動かしてみましょう。

朝の太陽の光を受けることにより体内時計が正常化し、体を使うことでコンディションも整います。躍起になって長距離を歩く必要はありません。たとえ、5分のウォーキングでも体はほぐれるものです。

家族で森林浴を楽しむならば、魚釣りやアスレチックスなど、レジャーをかねて足を運ぶのもよいですね。近ごろは、バーベキューが楽しめる公園なども増えています。これならば子どもも充実した時間を過ごせそうです。

■自宅でできる森林浴とは
忙しくて森林浴ができないという場合は、家のベランダを有効活用してみては。お気に入りのグリーンを並べ、深呼吸をしてみましょう。深く呼吸することで酸素が体内に行きわたり、副交感神経の働きも活発化。頭がすっきりしますよ。

プラスアルファの効果が欲しいならば、森林の音を収めたCDやアロマや木々の香りがするスプレーを活用するのもgood。自分流のアレンジで森林浴を楽しむのもいいものです。森林浴の雰囲気を高めるため、アロマはヒノキなど針葉樹系の香りを用いるとよいでしょう。

五感が刺激される森林浴は自然を感じられるぜいたくな時間。疲れた心をリセットするため、日常生活に取りいれたいものです。
 
 
 
(EKKO)