Woman.excite

当てはまったらいつか離婚? “こじらせ妻”に共通する5つのポイント

結婚生活への理想が高い、思い通りにいかないと旦那のせいにしてしまう、高い生活水準を求めてしまうなど、そうした癖がある女性は“こじらせ妻”の可能性大。暮らしていくのに問題のないレベルなのに、あれやこれやと理想を掲げて今の結婚生活に不満を感じてしまう…。

© WavebreakmediaMicro – Fotolia.com

これは、いつか離婚の原因になってしまうかもしれない危険な要素。しかし、本人は無自覚の場合が多く、自分が“こじらせ妻”になっていることに気づいていないのです。

そこで今回は、こじらせ妻に共通する5つのポイントをチェックしていきましょう。もし当てはまる項目が多ければ…、要注意かもしれません。

よその旦那と比べてしまう

自分の夫と、よその旦那を比べて不満をもつのは好ましくありません。比べられる夫の気持ちを考えたら、正直なところ嫌気がさすでしょう。ちゃんと働いて家族を養えているはずなのに、よその旦那と比較されたら否定された気持ちになりますね。

負けず嫌いでプライドが高い

偏ったこだわりがあり理想が高い女性は、負けず嫌いで高いプライドをもっているのが特徴。
他の家庭と比べて「ああしたい、こうしたい」と言うのは勝手ですが、それを旦那ぶつけてしまっては、旦那のプライドはズタズタ。そんな状態が続くなら、家庭から逃げ出したくなるのは当然です。

旦那次第で幸せが決まると思っている

結婚したんだから幸せにしてもらって当たり前、自分の幸せは夫次第、そう思い込むのが“こじらせ妻”。満たされないと感じれば夫の扱いが雑になり、口うるさく文句言ったりするわけです。ストレスを抱えた旦那のモチベーションは急降下。幸せにしたいなんて、もう思えなくなってしまいます。
 
 

夫に対する周りの評価が気になる

どう思われているのか? どんなふうに見えているのか? とにかく、周りが夫をどのように評価しているかが気になります。こうしたタイプは思い込みが激しく、被害妄想するのが特徴。「きっと、こう思われているに違いない」と想像し、それを夫にぶつける傾向があります。

セレブリティな生活に過剰な憧れを抱く

セレブや芸能人の生活に過剰な憧れをもつのも特徴のひとつ。「いいな~」と思うだけなら普通の女性にもありがちですが、こじらせ妻は違います。いちいち夫に「うちは絶対ムリだよね」とか「どうして私はセレブじゃないんだろう」とか当てつけのように愚痴ったりするわけです。

「こじらせ妻」にならないために

自分が思い描く理想に近づかないと、あらゆる方法で夫を差別化し、言動に出してしまう“こじらせ妻”。別れる気があるならまだしも、いざ離婚となると「原因は夫にある!」と考え、なかなか離婚しようとしないのでさらに状況をこじらせます。

不運にもこじらせ妻に悩まされる夫は、大体がいたって普通の男性たち。ギャンブル癖もないし酒癖も悪くないし不倫なんて想像もつかないような真面目な人たちなのです。

今の生活が嫌なら別れればいいだけ、我慢した素振りで夫婦を続けようとする妻に、「結局どっちなんだよ?」と夫も不満をつのらせるでしょう。

こじらせ妻は精神的に未熟で自立していない依存タイプの女性に多く見受けられます。あなたはどうですか? 当てはまる項目が多いほど、こじらせ妻の可能性が高いですよ。旦那さんの目線になって接してあげると、考え方も少しは変わるかもしれませんね。