Woman.excite

ママたちも取り組みやすい 「スローカロリーダイエット」とは

短期間で効果が得られると話題になった糖質制限ダイエットですが、ご飯やパンを摂らないことはママには難しい…。子どもには「好き嫌いはいけない」といっているので、まったく食べないというわけにはいきません。

©Konstantin Yuganov – Fotolia.com

そんなママたちにも取り組みやすいのが、「スローカロリーダイエット」。ルールに従えば主食を摂ることも可能です。

炭水化物もOK! 
スローカロリーダイエットとは、栄養の吸収をゆるやかにすることでダイエットを目指すもの。糖質の量ではなく、「質」を重視します。

このダイエットでは、炭水化物も摂ることが可能です。ただし、白米や精製した小麦粉は、消化吸収が速いのでNG。かわりに、玄米や全粒粉のパンなどは認められています。

ほかにも、海藻や豆などの食物繊維が豊富な食品は、消化吸収のスピードがゆるやかだそうです。
 
 

アンチエイジングにも効果的
消化吸収のスピードを意識する理由は、血糖値の上昇にあります。ゆるやかに消化吸収することで血糖値の上昇を防ぎ、満腹感が得られるようになるそう。食べ過ぎの予防につながるのはもちろん、脂肪を蓄積しにくくなるといわれています。

また、血糖値が急激に上昇すると、肌や体内の老化にもつながるとのこと。消化吸収スピードが速いものばかり食べていると、肌のたるみやくすみを引き起こすことがあり、美肌のためにもスローカロリーダイエットは効果がありそうです。

食べる順番にも気配りを
スローカロリーダイエットを行うときには、食べるものだけでなく、「食べる順番」にもルールがあります。

1.野菜や海草などの食物繊維が多く含まれたものから食べる。
こうすることで、ほかの食品の消化吸収のスピードをゆるやかにできるのだとか。サラダなどの副菜から食べるようにしたいですね。

2. 肉や魚などの主菜を食べ、ご飯などの主食は最後に食べる。
食べるときには、ゆっくりとよく噛むことが大事。これも血糖値の上昇を抑える効果があるそうです。

食事制限のあるダイエットに挑戦したくても、家族の食事を任されているママには以外とハードルが高いもの。でも、このスローカロリーダイエットなら、特別なダイエット食を作る必要がないので、無理なく続けられそうです。
 
 
(藤井蒼)