Woman.excite

化粧かぶれを起こす前に! 自分に合わない製品を知る「アレルギーパッチテスト」

新作の化粧品が登場すると、つい使ってみたくなりますよね。しかし、新しいものに手を伸ばした結果、肌が荒れたり、かゆみがでたりすることも。こうしたトラブルを予防するには、「アレルギーパッチテスト」が有効です。

© Peter Atkins – Fotolia.com

健康保険が適用される試験方法
アレルギーパッチテストとは、化粧品を肌に塗布して反応を見る検査方法で、皮膚科にて行っています。対象となる製品をつけたテスターを背中や二の腕の内側に貼り、48時間後と72時間後の反応をチェックするものです。自分にとってのアレルゲンが含まれている場合は、30分以内に赤い反応が見られることもあります。

アレルギーパッチテスト中はテスターを水でぬらしてはいけないので、開始から2日間はお風呂に入れなくなるでしょう。また、テスターがはがれないように、激しい運動も避けるように指示されます。

化粧水などはそのまま使用しますが、シャンプーなどは薄めるのが一般的。金属アレルギーをテストする場合は、試薬を使用します。

アレルギーパッチテストは健康保険が適用され、検査項目にもよりますが、診察料+1,000円前後で受けられることが多いようです。
 
 

自分で行う方法とは
化粧品を切り替えたときには、このアレルギーパッチテストを行うことで顔につけてからかゆみが出た、といったトラブルを防ぐことができます。専門医に診断してもらうことが一番ですが、自分で行うことも可能です。絆創膏のガーゼ部分に化粧品をつけて、二の腕の内側に貼ってチェックしましょう。新商品などを使う場合は、事前にサンプルで試すといいですね。

テスト方法は、安全性、信頼性がともに高いといわれています。しかし、偽陰性になることもあるので、100%とはいえないようです。

自分の肌にあった化粧品を選ぶために アレルギーパッチテストはおすすめ
また、このテストは製品に対して行うものなので、アレルゲンを特定することは難しいかもしれません。たとえば、保湿剤として多くの化粧品に配合されているグリセリンは、ヤシ油などの植物油脂が原料になっているものもあれば、石油パラフィンから生成されているものもあります。このように、メーカーによって原料の由来が異なるため全成分表示だけではわからず、「この製品は肌にあわない」ということがいえても、「肌にあわない成分はこれ」とはいいにくいのが現状です。

アレルギーパッチテスト中に強い反応が出てしまったり、その跡が残ってしまったりするリスクも忘れてはなりません。また、ホルモンバランスが不安定な生理中や妊娠中は正しく判定できないことがあります。

デメリットはありますが、肌への影響が確認できるので使用前に試したほうがいいですね。とくに化粧品かぶれを起こしやすい人は、トラブルのあった化粧品を複数テストすることで、原因となる成分の傾向を知ることができます。自分の肌にあった化粧品を選ぶことも、美肌づくりには欠かせないこと。肌が弱い人こそ、アレルギーパッチテストを受けることをおすすめします。
(藤井蒼)