Woman.excite

日々の積み重ねが大事! 夫婦のすれ違いを解消する5つの習慣

そっけない夫、かまってくれない夫、セックスレスなど、結婚生活に不満をもっている女性が多いのも事実。そんな夫婦の問題を解決するには、日ごろの積み重ねが重要。これまで積み上げてきた悪循環を、一瞬でひっくり返すような都合のいい方法はありません。

©Vive la Palestina

まずは家庭の雰囲気を変えることから始めましょう。今回は、そのために心がけてほしい5つの習慣について紹介します。

■日々の挨拶を欠かさない
「おはよう」「いってらっしゃい」「いってきます」「ただいま」「おかえり」「おやすみ」を欠かしたら絶対にダメ。もし1回言わなければ、3日分の距離が離れると心得るべき。

言葉にすることはとても大事なのです。いつものことなら、なおさら大切になってくるコミュニケーションの一つ。小さな原因が、やがて大きな亀裂に発展するんです。

■スキンシップをとる
キスやボディタッチ、手をつなぐなど、なんでもいいからスキンシップを毎日とることが大事なポイントです。一日の終わりに夫の手を握り、「今日もお疲れさま。明日もよろしくね」と優しい一声をかけるだけでも劇的に二人の関係は良くなります。

■二人の写真を飾る
室内に家族写真を飾って、夫婦のモチベーションを保つ方法。目につく場所に飾って二人でいられる幸せのサインを旦那さんに送ってください。もし「恥ずかしいから外しておけ」と言われてもムカッとせず、「いいじゃない、夫婦なんですから」と笑顔で答えましょう。

■愛情表現を手抜きしない
愛は育むものですが、愛情は伝えないと少しずつすれ違いを生む原因になります。愛情表現に手を抜かず、ちゃんと愛を言葉や態度にすること。照れくさくて恥ずかしい人は、LINEやメールを送る方法だってあります。愛情表現をサボっていると、円満な夫婦関係は築くことはできません。

■妥協も愛情の一つ
夫婦が互いに楽しむべき結婚の要素は、妥協したり譲り合ったりすること。それも、夫婦にとって相手を想う一つの愛情です。考えや価値観が食い違うとき、受け入れてあげることが大事。

そして、言葉にして伝えることが大切なのです。「あなたの気持ちはわかった。これからは頭に入れておくね」といったように、妥協する姿勢を見せることで不思議と距離が埋まります。

■日々の積み重ねが大切
5つの習慣を持続して毎日続ければ、夫の態度に何かしらの変化が生まれます。きっと、それは良い意味での変化だと思います。旦那さんが不器用な男なら、なおさら奥さんがリードしてあげてください。夫婦の問題は二人だけにしか分からない特別なものです。

日々の積み重ねを大切にして、夫婦が仲良く過ごせるための習慣を心がけたいですね。