Woman.excite

浮気した彼と付きあい続ける選択をしたとき どう動けばいい?

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。前回は、浮気されても続けると決めたときの気持ちの面のお話をしました。私自身、前回のことはかなり苦しんだことなので、ぜひとも実践してほしいです。

© oneinchpunch – Fotolia.com

さて今回は、信じることは簡単ではないと理解し、相手に伝えたあと、自分自身がどう行動していけばよいかをお話します。

■信頼のボーダーラインをつくる
自分の気持ちを伝えられれば、あとはいままで通りに過ごせばいいのでしょうか。もちろん、デートや日々の生活はいままでと変わりないかもしれません。しかし、それだけでは不安は解消されません。

相手がどんな行動をとってくれると「信頼」を感じられるか、そして、自分がどうすれば信じられるか(信じていることを理解されるか)をしっかり考えてください。どのように考えるかのポイントをお話しします。

・どんな場面で、浮気だと自分が疑うようになったか
・会わない時間、不安にならないときと不安になるときのちがい
・信じられていたころと疑うようになってからの自分を振りかえる

大きくわけると、この3つです。相手の浮気を疑ってしまう場面は、人それぞれちがいます。たとえば、私の場合、相手が飲みに行くときだったので「帰るとき、家についてから連絡をもらう」ことをお願いしました。

それだけ? と思うかもしれません。最初は、お店の場所やメンバー、時間などを細かく連絡してほしいと思いましたが、これでは、相手がいつか負担に感じるだろうし、自分もそれに甘えてしまうと思ったため、譲れないポイントだけをお願いしました。

もちろん、それだけではありませんでしたが、相手にも負担と思わせず、自分も信頼できるラインを見つけて、ふたりで不安を溶かしました。

私が不安になるのは、相手から音信不通になるときだったので、メールや電話などでコミュニケーションをとるようにしました。

私は書くことや写真を撮ることが好きで、好きなことをしているときは、不安を感じることがありませんでした。ですので、そのような時間を大切にしました(それが現在の仕事につながっているのですが)

そして、私が信じていたときと疑うようになってからの大きなちがいは、何といっても、愛されるための努力や行動と嫌われないための行動です。

彼にもっともっと愛されたくて何かをするのではなく、彼を失わないために何もせず何も言わないような状態でした。なので、最初は勇気がいりましたが「愛されるための行動」に少しずつシフトしたことで、不安も少しずつなくなっていきました。

注意してほしいのが、自分の不安をすべて相手に解消してもらおうとはしないことです。やはり最後は自分です。自分がどう感じたいか、その行動を自分がとらなければ、相手がどれだけ信頼回復に努めても無駄に終わってしまいます。

■未来の希望をふたりで見つける
未来の希望なんて言うと、結婚するなんて思うかもしれませんが、来年のふたりがどんな顔をしていたいかということです。

たとえば、「来年の年越しは、海外とか行きたいね!」なんていまから計画を立てることだっていいんです。そのとき、どんなふたりになっているかを彼と話してみてください。

「付きあいはじめよりも、ラブラブでいたいね」
「ご両親に、お付きあいさせてもらっているあいさつを、ちゃんとしておきたい」

なんて話だっていいんです。ドキドキしたりワクワクしたり、そんなことをふたりで見つけてみてください。ふたりだから、未来が楽しい! そう思えることが増えると、関係は一気に変わっていきます。

浮気をされることは、大きな傷になります。傷口は後に残るかもしれませんが、当初は触れることもできなかった傷だって、時間の経過と治るための治療により、「この傷は…」と触りながら笑って話せるときだってきます。だって、私がそうですから。

ふたりで歩もうと決めた未来を楽しいものにしていってくださいね!
 
 
 
(片瀬 萩乃)