Woman.excite

2組に1組の夫婦がセックスレス? 夫に異変を感じたらチェックしたい原因と対策

世界ナンバー1に位置づけされるほどセックスレスの男女が多い日本。そもそもセックスレスとは、どれくらいセックスしない状態を言うんでしょうか。

© Photographee.eu – Fotolia.com

性の研究を行っている日本性科学会によると、病気や性行為ができない身体的な事情がないのに1ヶ月以上セックスしていない夫婦やカップル、だそうです。

また、ある調査によると、日本のセックスレス夫婦は増加傾向にあり、2000年当初はセックスレスに悩む男女の割合が30%だったのに対し、2014年は45%。

およそ2組に1組の男女がセックスレスの問題を抱えている状況。年代別にすると35歳~39歳の男女にセックスレスの傾向が強く、約50%というデータも出ています。

さらに男女別で見ると、セックスレスの悩みをもっているのは圧倒的に女性が多数。男性は約18%だったのに、女性は45%という結果。

では、セックスレスを改善する何か良い方法はあるのでしょうか。原因と対策についてチェックしていきましょう。

■セックスレスの原因は3タイプ
セックスレスの原因を大きく分けると、主に3タイプ。無気力症・性嫌悪症・産後無気力症のいずれかが原因となっている可能性が高くなります。

・無気力症
男性に多いケースで、仕事や私生活からくる疲労によりセックスへの活力や関心がなくなる状態です。

対策は、まずは日々のコミュニケーションを見直し、キスやハグなど軽いスキンシップで距離を縮めていくことが重要。

体力的な問題を解決するためには、疲労回復や滋養強壮に効き目のあるマカやクラチャイダムといったサプリを試みるのもアリですね。

・性嫌悪症
ずばり、妻とのセックスを嫌ったり恐怖感を抱いたりして、性欲は正常なのに妻とのセックスを体が拒む厄介な症状。以前は女性に多い症状でしたが、最近は男性にも増えています。

このケースは非常に対策が難しく、本気でセックスレスを克服したいならメンタルクリニックや心療内科で治療するのが一般的です。

専門家のアドバイスやメンタルトレーニングを行いながら、ひとつずつセックスレスの問題点を解決していかなければなりません。

・産後無気力症
出産を経験し母となった妻を女性として見られなくなり、なんとなくセックスを拒んでしまう夫。その逆もあり、子供をもったことで妻も夫を男として見られなくなってしまう状態。

対策は夫婦二人だけの時間をつくるようにして、セックスアピールを疎かにしないこと。デートや旅行に出かけたりなど、男女の関係に修復する努力が必要になります。

場合によってはメンタルクリニックを受診して、専門家のアドバイスをもらうのも効果的ですね。セックスレスは心の問題なので、メンタルケアすることも重要なポイントです。

今はよくても、もしかしたらいつか訪れるかもしれないセックスレスの危機。決して他人事ではありません。

万が一のときに備え、日頃からセックスレスを予防する努力も必要です。セックスレスが原因で離婚する夫婦も多く、ここ数年、離婚理由5位以内に入っている不安要素。

くれぐれも日々のコミュニケーションを疎かにしないように注意したいですね。少しでも夫に異変を感じたら、傷が浅いうちにセックスレスを改善しましょう。