Woman.excite

夫婦円満に必要なのは8.2秒ルール! 4.5秒なら愛が足りないサイン?

夫婦の愛情表現、足りていますか? リップサービスが得意な男性やコミュニケーション上手な旦那さんならいいでしょうが、世の中そんな夫ばかりではありません。

不器用な男性は伝え方も下手なので、なかなか目立つ愛情表現ができないもの。でも、たまには愛情表現してほしいですよね。

ご安心ください。旦那さんが愛情を表現してくれなくても、愛情を確かめる方法があるんです。とってもシンプルですが分かりやすい方法なので、気になる方は試してみては?

■8.2秒ルール
最近、じっくり旦那さんと見つめ合いましたか? 目を合わせる程度の1秒や2秒じゃありませんよ。8.2秒です。

さまざまな分野の論文を掲載する専門誌「Archives of Sexual Behavior」によると、「男は魅力を感じる女性に対して8.2秒見続けることができる」とのこと。

反対に、魅力を感じない・好意を感じない女性に対しては4.5秒が限界だそうです。見つめ合うと、意外と長く感じる8.2秒の壁。

ちょっとチャレンジするのが怖くなります。だって、もし4.5秒で終わったら…かなり切なくなりますもんね。

でも、ご安心ください。それを解決する方法があるんです。何も理由なしに、じっと8.2秒見つめ合うのは不自然な流れ。だから、思い切って宣言しちゃえばいいんです。「ねぇ、8.2秒見つめ合おうよ」と。

これには素敵な効果があって、8.2秒見つめ合うだけで“一目惚れしたような感覚”になるんですって。「愛情を確かめる+惚れ直させる効果」が期待できるんですよ。

もちろん、旦那さんには理由は内緒で。もし聞かれたら、「たまにはじっくり顔が見たくなってね」と言えばOK。

「なんだそれ」とか言いながらも、実は旦那さん照れちゃって気分上々♪ さらに効果を高めたいなら、愛情フレーズで男心をくすぐるべし!

「よく見ると○○の目って可愛らしいよね」
「たまには見つめ合うのも悪くないね」
「ほかの女と見つめ合ったら怒るからね」
「私だけを見てくれるって、やっぱり嬉しいね」
「どう?惚れ直した?」
「絶対に目をそらしたらダメだからね♪」

などなど、8.2秒ルールに合わせて愛情フレーズをぶちかませば男心がムラッとザワつくこと間違いなし。

「セックスアピール?」「なんか、いいことでもあったの?」と勘違いしてしまうほど、男の本能をくすぐるのに効果的ですよ。

少し恥ずかしくて照れくさい方法ですけど、これを習慣にできれば二人の関係が深まっていくと思いません? たまにはリップサービスしてあげましょう。
旦那さんを愛しているなら、ぜひ実践すべき! さっそく今夜あたり、8.2秒ルール試してみてはいかがでしょうか。まずは4.5秒の壁を超えることですね!
(シンクアフェーズ)