Woman.excite

女性としての魅力を下げている⁉︎ 嫉妬心が強い女性に共通する5つのこと

女性としての魅力を下げるもの、なんだかわかりますか。ルックスやスタイル、コミュニケーションや個性よりも重要な問題です。

© patramansky – Fotolia.com

それは、ジェラシーです。嫉妬心が女性の魅力を下げてしまい、その人そのものの価値も低くしてしまうのです。ジェラシーは憎しみの種となりネガティブを生みだすもの。美しさとは真逆の感情です。

結婚、夫婦、仕事、友だちなど、誰かと比べたり何かと比較したりするのは無意味です。内面を磨けば身にまとう雰囲気も変わり、魅力ある“感じの良さ”が相手に伝わることでしょう。

内面を磨くためには、まずはジェラシーという感情を消すことが大切なんですね。

■ジェラシーが強い女性の共通点
嫉妬心が強い女性には、共通するポイントがあります。下記の5つが当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。

・相談できない
虚勢や意地を張って生きるのは、強い嫉妬心を生む原因となります。相談できずに我慢する傾向が強く、内にたまった不安や迷いが嫉妬心を育ててしまいます。

・すぐに比べてしまう
自分や夫を誰かと比べて、劣っている部分を見つけようとするクセ。物足りなさを埋める「うらましい」という感情は、嫉妬心を肥大させてしまいます。

・ストレスをためやすい
ストレスで自己コントロールができなくなると、前向きさよりもネガティブな感情が優先されてしまいます。イライラが嫉みを生む原因になることもあるのです。

・依存しやすい
執着しやすく依存しやすい人は、ちょっとしたことでも強いジェラシーを感じるもの。まずは執着心をなくさなければ嫉妬心も消えません。

・評価してしまう
他人の欠点や長所から、その人の人間性や立場を評価するクセがある人。結局は他人と自分を比べているだけなので、自分が劣っていると感じれば、嫉妬につながります。

■ポジティブな心が魅力アップにつながる
残念ながら、この世は公平にできていません。生まれる場所や環境、容姿や能力など、人それぞれちがい、現実には不公平です。でも、平等じゃないからといって卑屈になったり嫉妬したりすれば何か解決するのでしょうか。ただ、むなしさが残るだけですよね。

チャンスをつかむ人や人をひきつける力がある人、仕事がうまくいく人など、充実した人生を送る人に共通するのは、ポジティブな人間性です。

前向きな姿が、ひとりの人間としての魅力を底上げしてくれます。日ごろから“嫉妬しない習慣”を心がけるようにするといいでしょう。行動パターンを見直せば、自然と嫉妬心が薄れていきますよ。

<嫉妬心が薄れていく習慣>
・夫や友人に相談するクセをつける
・すぐに比べてしまうクセを直す
・ストレスをためない
・依存しやすい体質を直す
・他人を評価するのはやめる
 
(シンクアフェーズ)