Woman.excite

京都在住ライターがおすすめ! はんなり美人を目指す、京都の和コスメ4選

海外ブランドの豪華なコスメに目が行きがちですが、やはり日本人女性の肌にもっとも合うのは国産の化粧品でしょう。特に、古くから花街文化が栄える京都には、伝統を活かした優秀な和コスメや肌にやさしい自然派コスメが揃っています。そこで今回は、京都在住のライターが、実際に使ってみて良いと感じたおすすめの京都コスメを4つ、紹介します。

© Maridav – Fotolia.com

一枚で化粧直しが完了するおしろい紙
「よーじや」は、明治37年創業の老舗化粧雑貨店。吸収力抜群な「あぶらとり紙」は言うまでもなくおすすめですが、今回ご紹介したいのは「おしろい紙」です。

メイクの崩れや皮脂の浮きが気になったときに、パッケージからおしろい紙を一枚引き出して顔にあてると、UVフェイスパウダーがほどよく付いて、化粧直し完了! ファンデーションを付け直すと、つい付けすぎてしまうこともありますが、これならそんな心配もありません。

特製つばき油でぱさつき知らずのしっとり艶髪に
今のように多種のヘアケア製品が出まわるようになるまで、日本の女性は椿の実からとれる油で髪のお手入れをしていたとか。江戸時代から京都市中京区で和雑貨を販売する「かづら清老舗」では、自社工場で搾った上質なつばき油を販売しています。

さまざまな使用法があるようですが、くせ毛で多毛、ぱさついて広がりやすい私の髪の場合、洗髪後、タオルドライした髪に「特製つばき油」を3滴ほどつけてドライヤーで乾かすと、落ち着いてまとまりやすくなります。
 
 

天然素材を使用したこだわりの手づくり石鹸
石鹸は、京都で和雑貨やお土産物の店をのぞくと、必ずと言っていいほど置かれているアイテムですが、中でも中京区の烏丸御池駅近くに店を構える「京都しゃぼんや」の手作り石鹸は秀逸。初めて洗顔石鹸を使ってみたときは、過去に感じたことのない、うるうるすべすべの洗い上がりに驚かされました。

それもそのはず、こちらの石鹸は、オリーブ油や天然のアロマオイルなど、100%自然素材を使用し、完成までに1~2カ月以上もかけ、本格的なコールド製法で製造されるこだわり品。老舗の豆腐店「とようけ屋山本」の豆乳や「佐々木酒造」のお酒など、京都の伝統素材を使ったコラボ石鹸に出会えるのも楽しみの一つです。

有機溶剤不使用で爪にやさしい胡粉ネイル
ネイルを除光液でオフした後の爪の傷みにお悩みなら、ぜひ試してほしいのがこちら。日本画用絵の具専門店「上羽絵惣(うえばえそう)」が開発した、無臭で除光液の要らないネイル「胡粉(ごふん)ネイル」です。

ホタテ貝殻の微粉末(胡粉)を原料の一部に使用し、有機溶剤を使わずに作られているため、爪にやさしいのが特徴。和の情緒を感じさせる素敵なカラーが揃っていますが、個人的におすすめなのが透明ピンクの「水桃」です。桜貝のようにほんのり自然に色づいて、手全体が若返ったように見えるんですよ。

今回紹介した4品は、どれもコンパクトなサイズ感で、自分用にはもちろん京都土産にもピッタリ。流行に左右されない和コスメは、若い女性からお年寄りまで、誰にあげても喜ばれます。京都にお越しの際は、ぜひチェックしてみてくださいね。
 
 
(二条しおり)